JINS(ジンズ)のデザイナーコラボ!洗練された丸メガネがレンズ代込み12,000円で!

jins-aii-round.001

ファストファッションブランドが、有名なデザイナーとコラボするような動きが数年前からありますが、それは服だけに限った話ではありません。

ブルーライトカット機能を備えたレンズ、メガネとサングラスが1つのフレームで実現できる2WAYタイプなど、業界にインパクトを与え続けているアイウェアブランド「JINS(ジンズ)」からもデザイナーコラボが展開されているのをご存知でしょうか。

メガネの定義を問い直す「JINS Design Project」

世界一美しいメガネとは?本能が心地良いと感じるメガネとは?この先、人間にとってメガネとは?

これまでのメガネの定義を問い直し、カタチや素材から再構築することで、

これからの時代に価値あるメガネを。これは、メガネの本質からデザインするプロジェクトです。

引用:JINS Design Project

JINSが昨年よりスタートさせた「JINS Design Project」。

JINSというと、誰もが知る”安くメガネが買える場所”ですが、そのイメージを払拭しようとする試みがこの企画。

国内外のトップデザイナーを迎えて、メガネの本質からデザインするこのプロジェクトは、現在第2段が展開されています。

第一弾は、無印良品、マルニ、ヴィトラなど世界の企業にデザインを提供しているイギリスのプロダクトデザイナー「Jasper Morrison(ジャスパー・モリソン」とのコラボ

『究極の普通』をテーマとし、洗練された普通のメガネが展開されました。

これまで、アニメやブランドとのコラボは多く展開されていますが、デザイナーを迎え、デザインに焦点をあてたコラボは、店頭の展示からも力の入れ具合がみてとれます。

期待の第二弾は、ドイツを拠点に世界で活躍するうろダクトデザイナー「Konstantin Grcic(コンスタンティン・グルチッチ)」。メガネの原型に焦点をあてたメガネが展開されました。

 

ラウンド型に焦点を絞った”ALL ROUND”

jins-071517第二段のコラボは、メガネの原点である丸メガネがテーマ。コラボで展開されているメガネ全てが丸メガネです。

クラシカルなデザインが流行る中、丸メガネがテーマとなると、コラボ以外で展開されている商品と似たり寄ったりになるのでは?と感じますが、店内をぐるっと見渡すと一角だけ雰囲気が違うことを感じます。

こういったデザイナーコラボの良いところは、普段ないデザイン、普通であれば何倍もの値段がするデザインをJINS価格で手に入れられることです。

メガネの中で最もシンプルなラウンド型ではありますが、フレームのフォルム、美しいディティールから、醸し出す雰囲気は他とは別ものですね。

jins-0715-10合計8つのデザインから購入に至ったのは「LINK(リンク)」というプラスチック素材のリムに、金属素材のパーツをつないだ丸メガネ。

jins-0715-9大きめのラウンドをつないでいるのは薄く、細い金属素材。

jins-0715-6テンプルも同様に薄く細い金属が使用されています。

jins-0715-7このメガネを見た時に、おっ!と感じたのはノーズパッド部分。

ブリッジ中央から細く伸びている金属と、全体のフォルムに馴染むようデザインされた丸いノーズパッドにこだわりを感じます。丸いノーズパッドが新鮮すぎて。。。

jins-0715-5黒や緑など、濃いめのカラーもありましたが、落ち着いたグレーをチョイス。

メタルフレームでもっと小ぶりの丸メガネを持っていますが、色が黒だったのでグレーを選びました。今は服装に合わせて使い分けています。

最近は、この服装だったら革靴かな、この雰囲気でいくならエアマックスかな。と足元を考えるようにメガネも選ぶようになりました。いつの間にか5つぐらいは常に使えるメガネがありますね。

メガネは顔の前にあるものなので、顔の一部ぐらいの考えなのですが、選ぶ時は必ず今一番好きなテイストの服装で、全身を鏡で見ながら選びます。この全身を見ながらっていうのはホントに大切なので、みなさん買う時は必ずやってくださいね。

jins-0715-8細いテンプルがスッと耳にかかり、掛け心地も抜群!

安さゆえに、金属部分のちゃっちさは若干感じてしまいますが、このデザインで¥12,000なら大満足です。

ちなみにこの第二弾のコラボは、¥5,000、¥8,000、¥12,000のラインナップ。フォルムにしてもカラーにしても、通常のJINSラインナップでは手に入らないようなものが展開されています。

JIN’s オンラインショップ

JINSはアプリ上でバーチャル試着ができます。 このコラボアイテムでももちろん可能なので、気になる方はそちらでもみてみてください。

【関連】JINS(ジンズ)アプリでバーチャル試着!ネットでも安心できるメガネの新しい購入体験 

 

第3段も期待!!

jins-0715-12仕事用にも買ってしまったので、2本買いですね。人生初!!

JINSは手が届きやすいので、視力矯正を行うためのメガネという意味合いだけでなく、ファッションとしてのメガネを考える際には、味方してくれます。デザイナーとのコラボは特にありがたい。

第3段も期待していますし、今JINSではハイエンド層向けの新業態として「J of JINS」がスタートしています。六本木ヒルズに店舗があってまだ行けていないのですが、コラボ以外の動きにも注目していきたいと思っています。

また、面白いものがあれば紹介しますね。それでは!!

 

RECOMMEND