ビジネスホテルにある”ズボンプレッサー”の使い方!縦型・横型どちらも試してみました!

trouser-presser0

ビジネスホテルに宿泊する機会が多いです。どうもひろむ(@mwwx)です。

trouser-presser3ビジネスホテルに宿泊すると、「ズボンプレッサー」と呼ばれる機械がエレベーター近くにだいたい置いてあります。見かけたことあるよ!という方も多いのではないでしょうか。

 

trouser-presser2trouser-presser1各部屋に置いてある場合もありますが、ビジネスホテルでは宿泊者にズボンプレッサーの貸出が行われています。これが便利で便利で。

この機械はなんなの?という方に説明しておくと、スーツのパンツに折り目を付けたり、シワを取り除くのに便利な機械です。皆さん使ったことありますか?

ズボンにシワが出来てしまった時、自宅ならアイロンで伸ばせるかもしれませんが、出張先や旅行先にはありません。

ホテルに設置されている消臭スプレーでシワを伸ばすことは出来るかもしれませんが、折り目まで付けることは出来ません。

でもズボンプレッサーならシワを消して、折り目も付けられる。めちゃくちゃ便利!

家庭用のズボンプレッサーには縦置き型と、横置き型の2種類があるのですが、どちらもホテルに置いてあったので、使い方をご紹介したいと思います。もはやこれは自宅に置いておきたいレベル便利さですよ!

 

シワ消し、折り目付けに便利なズボンプレッサーの使い方

■縦型ズボンプレッサーの使い方

trouser-presser5縦型の方は、据え置きタイプで自立しています。

ビジネスホテルは、ベッド以外のスペースがあまりないのでこのタイプだと場所を取らずに使えますね。

 

trouser-presser4宿泊したホテルでは、正しい使い方が本体に貼り付けてありました。この通りに紹介したいと思います。

 

trouser_presser6-1まずは、ズボンプレッサーのプレス板を開きます。プレス板に手を添えながら銀のレバーを手で上の方へ引き上げます。

 

trouser-presser7開きました。

 

trouser-presser8開いたら半透明のシート(プレスシート)があります。

 

trouser-presser9これを奥側のプレス板へ移動させます。

 

trouser-presser10次が重要なのですが、パンツの裾を元々あった折り目にしっかり合わせます。ここがずれたら変な折り目が出来てしまうので、慎重に合わせます。

 

trouser-presser11パンツを手前側に置き、

 

trouser-presser12trouser-presser13透明のプレスシートを左右の生地で挟むように設置します。

 

trouser_presser14-1完全に挟む前にレバーを2段目で止めて、緩く挟んだ状態にします。

 

trouser-presser15レバーを2段目で緩く挟んだ状態で、パンツの両端を持って斜め上の方へ引っ張ります。たるみを取るというやつですね。

 

trouser-presser16trouser-presser17レバーを最後まで押し下げ、もう一度パンツを引っ張れば設置完了です!

 

trouser-presser18ここでコンセントを差し込み、

 

trouser-presser19スイッチをONにします。するとライトが点灯します。

 

trouser-presser20約15分、ライトが消えるのを待ちます。冬物など、生地が厚いと時間がかかるようです。

 

trouser-presser2115分経たずに終わりました。

あとはパンツを取り出すだけですね。プレス板は熱くなっているので注意しながら取り出します。

 

横型ズボンプレッサーの使い方

trouser-presser22横型は縦型と違って自立しません。その分、ホテル内でのスペースの確保が必要になってきます。

家庭内で、押入れ等への収納がしやすいのはこちらの横型ですかね。こちらも使ってみたのでご紹介します。

 

trouser-presser23基本的には縦型と使い方は同じです。

 

trouser-presser24プレス板を開けると縦型と同じようにプレスシートがあります。

 

trouser-presser25プレスシートを奥側に移動させ、

 

trouser-presser26パンツの左右でプレスシートを挟むように設置します。

この時、パンツの裾を少しだけプレスシートからはみ出すように設置します。

 

trouser-presser27プレス板をしっかり閉じ、縦型と同じように少しだけパンツを引っ張り、たるみをとります。

その後コンセントを差し込み、

 

trouser-presser28スイッチONです。

 

trouser-presser29このランプが消えたら終了です。15分程度で終わります。

 

 

使用前の注意点

パンツにほとんど折り目がない場合は、アイロンで軽く折り目を付けてから使用する方が良いそうです。折り目が変なところについてしまいますからね。普通のスーツであれば若干は折り目が残っていると思うので大丈夫かと思いますが。。。

そして、濡れた状態で使用しないようにしましょう。もし濡れてしまったら乾かしてから使用します。アイロンとは違うので霧ふきは使用しないようにします。

こんな程度ですかね。

 

 

家庭にも置きたいズボンプレッサー

場所を取らずに使える縦型と収納にも便利な横型。

どちらも使ってみましたが、横型の方が仕上がりが良かったような気がしました。商品によって違うとは思いますが、プレス力が違うんですかね。シワと取れ方も折り目の付き方お違ったような気がします。

出張先、旅行先で使ったことないよ!という方はぜひ使ってみてください。ホントに便利です。

長期の宿泊だとどうしてもスーツもシワシワになってきます。日々シャキっとスーツを着るためにもズボンプレッサー、便利ですよ!

家庭でもアイロンがけって大変です。10分〜15分置いておけばいいのであれば、家に一台置いてあったらアイロンがけをする機会って少なくなるのかなーと思います。おすすめっす!

収納出来るスペースがあればホントに欲しいな・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>