5,000種類の腕時計を一度に選べるとしたら、あなたはどんなタイプを選びますか?

knot0-1

たぶん、迷いまくると思うんですよね。僕もめっちゃ迷いました。

Knot(ノット)」という腕時計ブランドがあります。

Makuakeというクラウドファンディングで注目を浴びまして、108万円の目標金額を大幅に超えて540万円も集めてしまう凄い人気っぷり。そんな中、立ち上げられたウォッチブランドです。

品質、デザイン、価格」どれも時計を購入する上で重要すぎる要素ですが、Knotはどれも凄い。

高品質でいながら低価格。そして、時計本体とベルトを自分好みに組み合わせられる

これがね、Knotの一番の魅力なんですよ。

 

そもそも腕時計って・・・

photo-1449965408869-eaa3f722e40d

高い

チープカシオのような1,000円ほどで購入出来てファッション性の高い腕時計もありますが、上を見ていけば車何台買えるの?てほどに高いものもありますよね。芸能人が付けてるやつ。

個人的には腕時計って購入するハードルが高いものだと思っています。優先順位が低くなるイメージがあるのですが、みなさんはどうでしょう?

 

自由度が低い

腕時計もアイテムによって周りに与える印象が全然違います。スーツにも付けられうようなシンプルなタイプ。インパクトの強い大きくてごついタイプ。スポーティーなタイプもあれば、カラフルでカジュアルなタイプなど様々です。

ファッション毎に色やデザインを揃えようと思うとさすがにきつい。

腕時計は買ったらベルトの交換なんてなかなかしないですし、できたとしてもベルトの種類は多くありません。ファッションに腕時計の雰囲気も合わせるとなると何本か揃えておく必要があるかもしれません。

 

スマホあるし必要ない

「時間の確認」これが腕時計を身に付ける大きな意味ですが、スマホがあれば時間の確認なんて十分という方も最近は多いんじゃないですか?そもそも腕時計自体が苦手な方も多いかもしれませんが、、、

わざわざアナログの時計をする意味って?と思う方も多いと思います。

また、最近は機能が時間の確認にとどまらないスマートウォッチやアクティビティトラッカー(活動量計)を腕に付けている方もいますよね。どんどんアナログの腕時計がなくなっちゃう予感w

 

 

低価格!時計本体とベルトを自分好みにカスタムできるKnot(ノット)

腕時計を買わなくなっちゃう予感が漂いましたが、ファッションとして腕に身につける以上、アナログ時計はなくならないと思いますし、これからもお世話になるはずです。

価格面をクリアしていて、何本も揃える必要のない時計があれば最高なのになーと思うのですが、そんな時計あるんです。それがKnotなんです!!

 

組み合わせは約5,000種類!

knot0

knotは時計本体とベルトを自由にカスタム出来る腕時計。なんとその組み合わせは約5,000種類とめちゃめちゃ多い!

上の画像のようにカスタムオーターのページで自分好みの組み合わせを探してみてください。めちゃくちゃ迷いますけど、めちゃくちゃ楽しいですよ!

発売当時は、時計本体も丸いタイプのみでしたが、今はスクエア型も出ていて、選べるバリエーションがどんどん増えています。

時計本体さえ持っていれば、ベルトを揃えるだけでいろんな表情がだせます。これがKnotの魅力!!しかもベルトが3,000円〜とかなので、何本も揃えたくなる。。。

毎日、ネクタイやハンカチの柄を変えるように、時計もその日に合わせて変えていけるなんて素敵じゃないですか!!

 

knot2本体とベルトが一体になっているものを買うというよりも、別々に選んで買う感じなので、購入した時もこ本体とベルトが分かれています。

 

knot4こんな感じですね。

 

knot5ベルトの交換とか自分で出来るの?と思いますが余裕です。ベルトの裏側につまみがあって、そこで簡単に取り付け、取り外しが出来ます。

秒速で交換出来るので、時間のない朝の時間でも余裕です。スーツを着る方ならネクタイ結ぶよりも早く出来ますよ!

 

knot6僕は選ぶ際、スーツ時の着用を主に考えていました。

なので、ベルトは無難なシルバーのタイプ。このメッシュな感じが他ではあまりなくて良いんですよね。

ただ、スーツの時だけ着用するのではもったいないと思い、休日にも使えるようアイボリーの文字盤にしました。ベルト次第では、フォーマルじゃなくカジュアル方向にもいけそうだったので。。。まだベルトは一つだけですが、服装に合わせていろんなタイプを使えるようにしたいですね!

 

knot7スーツにもバッチリです。

 

knotコーデこんな服装の時にも普通に着用しています。夏場の時期は腕が寂しくなるので、腕にアクセサリーが付いていると見た目が全然変わってきます。こんな時に腕時計は便利ですね。

気温の高い時期は、汗もかきますし金属系のベルトを。冬はちょっとおしゃれに革のベルトにしてみようと計画中です。ベルトが変わると「あれ?時計変えた?」て絶対言われるやつです。楽しみですね。

これが僕の身に付けている本体。シルバーのベルトは売り切れていました。人気ですね。

 

 

Knotは腕時計業界のユニクロ

knot8この組み合わせていくらぐらいかというと、

クロノグラフのフェイスが1,9000円。シルバーのベルトが3,500円の合計で22,500円(税抜)でした!!

僕は本体が大きいクロノグラフにしましたが、もうひと回り小さいクロノグラフじゃないタイプを選ぶと本体は14,000円ほどなのでもう少し安く買えます。2万円いかないですね。安いです。

安いですけど、KnotはMADE IN JAPAN。凄いところの工場と組んで製造しているそうなんですがこの安さ!日本製の安心感はありがたいですが、それよりも安いのはありがたいですよね!

この安さの秘密は、流通にあります。

img_about_03参考:Knot

ファストファッションに使われているやつでSPAってありますよね。Speciality store retailer of Private label Apparelと長い言葉になるのですが、製造小売ってやつで企画から製造まで自社でやっちゃおうってやつです。

この方式を取り入れ、普通であれば外部に委託する部分を省いてコストの削減を実現しているらしいです。

流通をカットすることで、高品質な腕時計を安く提供出来ているわけですが、日本製以外にどのあたりが高品質かというと「素材」ですね。

「素材」まで気にしないよ!と思う方も多いと思いますが、調べてみると全然違うもんですよ。

本体部分に使用されているシルバーの外側部分(ケース)には医療用のメスとかボルトに使われている素材が使われていて、肌がデリケートな方でも長時間身に付けられるようになっていますし、ガラス部分は高級腕時計に使われているサファイヤガラスという素材を採用していて、傷がつきにくく、透明度が高くなっています。

最近流行っていてKnotと同じようにベルト交換が出来るダニエル・ウェリントンて時計がありますが、ガラスに使われているの素材はミネラルガラスで、Knotよりもちょっと割れやすかったりするそうです。

同じような品質をKnot以外に求めると高くなってしまう、でもKnotなら低価格。嬉しいですね。

 

今後はMade in Japanの機械式時計も


これからもKnotには注目していきたいですね。

なんでかというと、ベルトのコラボみたいなものもでてきてバリエーションが増えるでしょうし、これからは機械式時計の発売も予定されているのが大きいです。動画を見てもらえれば分かると思いますが秒針の動きがたまらなくカッコイイ!

Knotの発売当時は、販売はインターネットを主にということでしたが、実店鋪もあります。

現在は、吉祥寺と横浜の元町、また関西では心斎橋にあります。実際に手にとってカスタム出来るようなので、気になる方は是非行ってみてくださいね。

ちょっと店舗に行くまでは遠いし、面倒という方はネットショップもチェックしてみてください→Maker’s Watch Knot

 

RECOMMEND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>