チーズを溶かしながら食べるおしゃれ塩らーめん「ドゥエイタリアン」のらぁ麺フロマージュに感動!

スクリーンショット 2016-06-07 22.57.49
3a353bbc93ce5fbc2510b4e29e15daef

ミシュランガイド東京に2015年、2016年と2年連続で掲載されているおしゃれラーメン店「ドゥエ イタリアン」をご紹介しましょう!!

このお店は「あかめ女子のWEBメモ」を運営されているあかめさんからのつぶやきで初めて知りました。ブログにも書かれています。

[Å] ミシュラン掲載!ドゥエ イタリアンのらぁ麺フロマージュ チーズの扱いが神懸かりで絶品

ラーメン好きのはずが、完全にノーマーク!やっと行けました!ありがとうございます!

ミシュランガイドに掲載されるほどのラーメン。どれほどの驚きがあるのか?ってところですが、このラーメン・・・黄金のしおスープにゴルゴンゾーラ入りのクリームチーズを溶かしながら食べるんです!!

絶対うまいやつ!!

 

ラーメンの定義が変わるらぁ麺フロマージュ

ドゥエイタリアンって全然ラーメン屋っぽくないんです。

暖簾くぐって店内に入って、元気の良い店主に注文して「あいよ!」て返事が返ってくる。そんな昔ながらの地元ラーメン店とは全然違って外観は完全にイタリアン!

ドゥエイタリアン シオサイト16ドゥエイタリアン シオサイト15ピザとか、パスタとか出てきそうな雰囲気ですけど、これラーメン屋です。

ドゥエイタリアンは、市ヶ谷、汐留、横浜の青葉台にそれぞれ店舗があります。今回訪問したのは、新橋駅より徒歩約10分ところにある「ドゥエイタリアン シオサイト」。ちょっと駅からは歩きます。 ※シオサイトは2016年10月31日に閉店しました

このあたりは「イタリア街」と呼ばれていて、西洋風の町並みを楽しめるスポット。建物もめちゃめちゃオシャレでドラマとかのロケ地になったりするそうです。

町並み含めてラーメンっぽくないですね。いい意味で。。。

 

ドゥエイタリアン シオサイト14店内へ入って食券を購入し、店員さんに渡すと1階が満席ということで2階へ通されました。ラーメン屋というよりも雰囲気がレストランですよね。

 

ドゥエイタリアン シオサイト1こちらが「生ハムフロマージュ」。「らぁ麺フロマージュ」に生ハムがプラスされたもので、こちらがたしか1,000円。それに、リゾット用ご飯(国産十六穀米)100円を注文しました。

 

ドゥエイタリアン シオサイト2真ん中あたりにある白い丸の塊が、ゴルゴンゾーラ入りのクリームチーズ。

生ハムがのりのようにのっているのが不思議。こんなの見たことなかったのでw

 

ドゥエイタリアン シオサイト3まずはチーズを溶かさずに黄金スープを。

透き通るしおスープはあっさり!!鶏油ですかね。上に浮いているとまさに黄金!!

 

ドゥエイタリアン シオサイト5チーズを溶かす前に麺をチーズいっぱいにして食べます!これがめちゃくちゃ濃厚!

ゴルゴンゾーラ入りのクリームチーズがとろりと口の中で溶けていきます。うまい!!

ラーメンでもなくパスタっぽくもない。こういうのを新感覚というんでしょうね。チーズフォンデュですか?て感じ。

 

ドゥエイタリアン シオサイト4チーズを溶かしていきます。時間がたつと、塊になっていたチーズがスープに溶けていくのですが、そこで食べる麺もスープの塩と良いバランスになってうまい!!

 

ドゥエイタリアン シオサイト6生ハムと一緒に食べてみたり。

 

ドゥエイタリアン シオサイト7ブラックペッパーをちょっと入れてみると味の変化を楽しめます。

個人的にラーメンに胡椒は入れないのですが、このラーメンは胡椒入れると美味しいなーと思いました。チーズだからなのかアクセントになります。

 

ドゥエイタリアン シオサイト11ちなみに麺が足りない場合は、イタリア麺とかヘルシー麺とか、最初と違う麺を楽しめるようです。これもいつか経験したい。

 

ドゥエイタリアン シオサイト9残ったスープで最後はリゾットです。

 

ドゥエイタリアン シオサイト10ずるいですよね〜リゾットとか。普通の塩ラーメンにご飯が付いてくるのとは全然違います。

 

ドゥエイタリアン シオサイト13ごちそうさまでした。

イタリアンのシェフが考えるラーメンはこんな感じになるんですね。面白い。

もっといろんなジャンルの料理人がラーメンを作ったら面白いと思いますし、食べてみたい。ラーメンという料理の幅が広がっていく感じ、、、素敵っす。また面白いラーメンに出会ったら紹介したいと思いますので、その時はお楽しみに!!

 

明日のブログ侍は「たらハコ」を運営されているよっひーさんです。どんな記事を書かれるのかお楽しみに〜!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>