出先で名刺を切らしてしまった時の印刷方法!急な名刺コピーはkinko’s(キンコーズ)へ!!

Pocket

10月11月と出張が多くて各地を飛び回っていました。どうもひろむ(@mwwx)です。

先日、出張中に名刺を切らし(予備を忘れてしまいましたw)めちゃくちゃ困りました。

会社勤めの方もフリーランスの方も外出時には名刺が必須アイテムかと思います。ブロガーの方もイベント前に名刺を忘れてしまったなんて経験、あるんじゃないですか?

初めて会う方もたくさんいるのに・・・名刺がないときつい場面も多々あることでしょう。そんな名刺を切らして困った時、知っておくと便利なサービスがあります。

それが「kinko’s(キンコーズ)の名刺コピー」です!!

名刺のデータを持っている必要はありません。名刺の原本が1枚あればキレイにコピーしてくれるんです。

僕も助かりました。いざって時にお世話になるかもしれませんので、名刺がないことに気づき、印刷が完了するまでをご紹介したいと思います。

 

名刺を切らしてしまいキンコーズへ

2泊3日の出張だったのですが、1日目にカバンへ入れたはずの予備がないことに気づきました。2日目まではなんとか足りるけど3日目は完全に足りない状態。

1年に1度入れたら満足という地域だったのでこれはまずいなと思い、調べて見つけたのが「kinko’s(キンコーズ)」。

kinkos4

キンコーズは、各地に店舗を構えていて一般的なコピーから製本、ポスター印刷等、印刷関係のサービスを幅広く取り扱っているお店です。

キンコーズの名刺コピーはデータ印刷の他に、原稿となる名刺が1枚あればコピーすることが可能です。

データの持ち込みで印刷する場合は、仕上げに通常24時間、スピード仕上げで3時間程度(30%割増)の時間がかかります。

急ぎで必要ならば、原本のコピーを行う「名刺コピー」がおすすめです。

僕はお昼にお店で依頼し、そのお昼の内に仕上がったコピーを受け取ることが出来ました

仕上がるまでの時間は、その時の混み具合や依頼する枚数にもよります。今回の場合だと、平日のお昼で20枚のコピーを依頼し、30分程度で仕上がりました。お昼中に終わるってありがたいですよね。

プラン 20枚 50枚 100枚 200枚
白黒 1,200円 1,600円 2,000円 2,600円
カラー 1,400円 2,000円 2,800円 4,300円

参考:kinko’s 

片面コピーの料金を見ると少し高いなと。。。

でも名刺が手元にないことを気にして1日仕事をこなすより、少し高いお金を払ってでも名刺を手に入れた方が気持ち的に楽かなと思い、依頼しました。

プランを決めたら、コピーする用紙の色も少しだけ選ぶことが出来ました。種類は白と、少し黄色がかった白、そしてもう少し黄色がかった白の3種類。原本の用紙の色に合わせて決めます

用紙に必要事項を記入し、あとは出来上がるのを待つだけです。

 

kinkos2-1kinkos1-1紙袋の中はこんな感じ。

仕上がりは、どっちが原本?と思うほどキレイでした。

カラーの部分もキレイに仕上がってまして、原本と比較しても分からないレベル。これならデータでコピーとか必要ないのでは?と思うぐらいでした。

 

kinkos320枚だと中身がさみしい。

20枚依頼をかけましたが、23枚?ほど入っておりました。ありがたい。

キンコーズに駆け込んだおかげで無事に2泊3日の出張を終えることが出来ました。キンコーズのサービスにもとても満足しています。

忘れ物をしないことが一番ですが、万が一忘れてしまった際の対処法も一緒に知っておくと心に余裕が持てますね。でも忘れなければ、余計な出費もないので、忘れ物には皆さんも気をつけましょうね。

 

Pocket

Leave a Reply