汗かきな男性の服はこれがオススメ!暑い夏を乗り切るためのファッショングッズ5選!

オシャレは我慢!と言われることもありますが、汗っかきの方はオシャレ優先・・・とは考えたくないですよね。

服装のことは考えたいけど、なるべく快適に過ごしたい!そんな方へ向けて、夏でも快適に過ごせるファッションアイテム・グッズをまとめてみました!

外見を損なわずにできる工夫っていろいろあるんですよ。ではみていきます。

Tabio MEN つま先5本指インナーソックス

tabiomen-innersocks6靴下の中に履く”インナーソックス”。2枚履く形になるけれど、これがなかなか快適。

5本指ソックスを履く方ならご存知だと思いますが、指の間の汗を吸い取ってくれるので、清潔で常にサラッサラ。

tabiomen-innersocks8サンダル+ソックスのスタイルもありますから、見た目を損なわず整えられるのは良いところですね。

Tabio MENのつま先5本指ソックスであれば、シルクが使われているので、夏は涼しく、冬暖かいという万能アイテム。

摩擦には弱く運動には適さないことと、若干靴の中で圧迫感が生まれること、履き忘れることがあること以外はとても快適に過ごせるので、この夏の強い味方です。

Tabio MEN 絹のつま先5本指ソックス

【関連】靴下の中に履く靴下!Tabio MEN「絹のつま先5本指ソックス」が快適すぎた!

グンゼ Tシャツ専用インナー in.T

シャツを着るなら必須のインナーですが、選び方で快適さがグッと変わります。

上記画像はグンゼのTシャツ専用インナー。汗をかいてもすぐ乾くのはもちろん、縫い目ががないシームレスタイプでインナーが透けません。

脇部分には生地が厚めになっている部分もグッド!そして一番の特徴はネックの広さですね。ちょっと首のあいたTシャツを着てもインナーが見えにくくなっています。

これは年中活躍するアイテムなので、持っておいて損はないかなと!

【関連】グンゼのTシャツ専用インナー「in.T」は、首元からインナーを見せない救世主

レイヤードのできるタンクトップ

tanktop.001タンクトップは便利アイテム。

汗を目立たなくするというインナー本来の使い方もありますし、大切なTシャツなど、洗う回数を減らし長持ちさせる役割もあります。

そして、アイテム数の少なくなる夏場にはちょっとしたアクセントを加えてくれます。

着丈全体を調整して腰位置を隠し、足を長く見せる効果もあります。ゆるいトップスが流行ってますが、シルエットのメリハリとカラーのメリハリをつけるのにも便利なので、今まで試したことがないという方はぜひチャレンジしてみてください。

タンクトップ メンズ タンクトップ ロング丈 ロングタンクトップ レイヤードノースリーブ 無地 ZIP ジップ (18011-11nz) #

冷たく感じるタオル

minus-degree-1外へ出たら小さなタオルやハンカチが必須な時期ですが、ここも少し工夫すると快適になります。

「MINUS DEGREE(マイナスディグリー)」は、接触冷感素材が用いられたハンドタオル。

雑貨屋で良く見かけていたので購入してみたところ、これがなかなか快適。朝の通勤時間、電車待ちで額の汗を拭う時のちょっとしたひんやり感が気持ちいんですよね。

minus-degree-2表側は今治のコットンパイルなのでふわっふわ。

minus-degree-3裏地が冷たく感じます。

濡らすと接触冷感機能がより発揮されるのですが、乾いた状態でもひんやりしてるのがありがたいですね。

濡らすとホントに冷たくなるので、熱中症対策にハンカチの代わりとして持っておくとよいかもしれません!

制汗剤 オドレミン

オドレミン0もう何年でしょう。5年以上お世話になっている制汗剤です。脇汗に悩む方は一度試して欲しい制汗剤です。

夏は薄着ですし、脇汗や汗ジミが気になりますよね。気になりすぎて、服装の選択肢が狭まってしまっては、せっかくの夏も楽しめません。

このオドレミンという制汗剤は、汗の出口を塞ぐ効果があります。ドラッグストアでは売っていないので、見たことない方が多いかもしれません。

オドレミン2使い方は簡単で、お風呂で身体を洗ったあとにオドレミンを脇に付けて、乾いたら服を着る。これだけです。

少し痒くなることもありますが、毎日塗るものでもないので、コストパフォーマンスも高めです。価格は1つ1,000円ぐらい。脇汗のことを考えずに日中過ごせるのはホント快適なので、試して見る価値はありますよ。

created by Rinker
オドレミン
¥2,795 (2020/10/25 04:13:42時点 Amazon調べ-詳細)

【関連】わき汗・臭いをピタッと止める!ドラッグストアじゃ売ってない制汗剤がやばい!

汗っかきでもオシャレを楽しもう

DSC_0120-53夏は、お祭りや花火大会、海に山にBBQとイベントが盛りだくさんですね。

服のアイテム数が少なくなる暑い季節は、必然的に工夫できる箇所が少なくなりますが、イベントに合わせた服装を考えるのは楽しいもんです。

花火っぽい服装、海っぽい服装、お祭りっぽい服装。。。みなさんだったらどんなファッションを想像しますか。

バテてちゃもったいないですからね。オシャレを少しでも快適に、夏を楽しんでいきましょう!

RECOMMEND