2016年「世田谷区たまがわ花火大会」のおすすめ観覧スポットと混雑を避ける方法をご紹介!

Pocket

夏が近づくということは、花火大会も近づいているということですね。

二子玉川駅近くで開催される2016年「第38回 世田谷区たまがわ花火大会」の開催日が公開されました!開催日は8月20日(土)です!迫力満点の花火大会なので、みなさん予定があいていれば足を運んでみてくださいね。

何で急に花火大会の話題かというと、去年見に行っているからですw

首都圏のどの花火大会も大勢の人が見に来ますが、せっかくいろいろ調べて見に行った花火大会なので、穴場スポットといいますか、おすすめの観覧スポットなどなどご紹介します!

 

 

世田谷区たまがわ花火大会の場所と時間について

大会名:第38回 世田谷たまがわ花火大会
日程:2016年8月20日(土)
時間:19:00〜20:00
場所:世田谷区立二子玉川緑地運動場

二子玉川駅から見て西側で開催されるのが「世田谷区たまがわ花火大会」です。

毎年のことですが、二子玉川駅から見て東側にて、もう一つの多摩川花火大会が同日に開催されます。

これが「川崎市制記念 多摩川花火大会」。2つの多摩川花火ですが、違いとしては世田谷区か川崎市かの違いです。


場所としてはホントに反対側といった感じで、見る向きによっては両方の花火を同時に見ることが出来ます。

個人的なおすすめとしては「世田谷区たまがわ花火大会」です。こちらの方が大きい花火が何発も上がってた印象ですね。多摩川花火は、連続して上がる花火が多かった気がします。

好みもあるとは思いますが、この記事では「世田谷たまがわ花火大会」をご紹介します。

 

 

トイレ有りの宇奈根公園が混雑を回避して楽しめる!


宇奈根公園は、二子玉川駅から徒歩20分ほど歩く場所にあります。

駅からは遠くなりますが、その分ゆったりと花火を楽しむことが出来るスポットです。

 

世田谷たまがわ花火大会1開始1時間前はこんな感じでした。

時間が近づくにつれて人は多くなりますが、まだまだスペースはたくさんありますし、フラット広い土地なので、前の人がジャマで花火が良く見えないということもありません!

こんな感じのスペースですが、早めに会場へ行くことをおすすめします!人数が多ければ多いほど早めに行った方が場所取りに困りません。

なぜ早めが良いかというと、打ち上げ時間に近くなると辺りが暗くなり空いているスペースが見つけにくくなります。人も多くなりますしね。

それでもこのスペースはとても便利です。

お酒等やかき氷、おつまみ等を販売しているお店も出ていますし、何よりも仮設トイレが設置されています

早めに行けば長くいることになりますし、トイレが近いとめちゃくちゃ安心出来ます。他にも穴場スポットはあるかもしれませんが、トイレ事情を考えると、この宇奈根公園がナイスチョイスかと思います。

ちなみに会場で販売されているお酒の種類はあまり多くないので、最初に飲むものぐらいは買っていくことをおすすめします!

 

 

宇奈根公園は花火の打ち上げ場所が近い!

世田谷区たまがわ花火大会2去年、写真もたくさん撮影したので、少しご紹介。右下に少しだけ同時開催の「多摩川花火」も見えています。

世田谷区たまがわ花火大会6世田谷区たまがわ花火大会4世田谷区たまがわ花火大会3いい感じの夫婦が写ってる一番下の写真が好きです。

打ち上がった瞬間、周りがビックリするぐらいの近さです。迫力満点なので、写真を撮りに行くってのもありかもしれません。またちゃんと撮りたい。

 

 

⊿帰り道の混雑を避ける方法

会場に行くまでは、みんな時間がバラバラなのでまだいいですが、帰りは同時に動き出します。これが厄介で、帰りには凄く困ってしまいます。

家が近くなら良いですが、電車を利用する方が大多数をしめていると思います。

混雑を避けて帰路に就くためには3つの選択肢があります。

  • 花火の途中で帰る
  • 時間をずらして帰る
  • 二子玉川駅以外の駅まで歩く

この3つです。

花火の途中で帰るのはさすがにもったいないので、出来れば選択肢から外したいところです。そうなると時間をずらして電車が落ち着くまで待つか、歩いて他の駅まで歩くかです。

二子玉川駅は、東急大井町線と東急田園都市線になりますが、宇奈根公園から40分ほど歩くと小田急線の成城学園前まで行くことが出来ます

まあでも40分も歩くのは正直きついです。もう少し遅い時間(22時や23時頃)であれば普通に電車に乗れるので、待てれば待った方が良いかなと思います。

ちなみに宇奈根公園は21時には追い出されてしまうのでご注意を

 

「世田谷区たまがわ花火大会」を観覧するにあたってのおすすめ観覧スポットや注意点等をご紹介しましたが、一つの手として「有料席」もあります。

「多摩川花火大会」にも有料席はありますが、どちらの会場も1席4,500〜5,000円ほど。ペアのシート13,000円ほど料金がかかります。決して安い席ではないと思いますが、キレイに花火を見たい!ゆったり見たい!という方は有料席も検討してみてはいかがでしょうか?

今年の8月20日(土)も今のところ行く予定です。もっとちゃんと花火をキレイに写真へ収める方法を学んでから当日見に行きたいですね。

まだまだ有料席等の情報は出ていないのでTwitterのアカウント(@setagaya_hanabi)から更新情報チェックしてみてくださいね!

 

Pocket

Leave a Reply