JR渋谷駅にあの「日清ラ王」の実店舗!?山手線ホームで食べる袋麺が激安でうま〜い!

ラ王0

日清のカップ麺で「ラ王」ってブランドあるじゃないですか?

カップ麺とか袋麺で、コンビニやスーパーで売ってるやつです。

この「ラ王」の袋麺を、普通のラーメン屋のように実店舗で食べられるところがあるんですよ。しかも渋谷駅に・・・

ここがいろいろとビックリでして・・・

 

・お店がJR渋谷駅、山手線内回りのホームにある!

・麺量が200gでも400gでも600gでも一律300円!安い!

・チャーシュー、メンマ、味玉、ネギのトッピング付き

 

驚きでいっぱいの「日清ラ王袋麺屋」に行って、実際につけ麺を食べてきました!

 

 

駅のホームで食べる「日清ラ王 つけ麺 濃厚魚介醤油」!

日清ラ王袋麺屋17JR渋谷駅、山手線ホームの内回り。。。内回りってどっちだ?ってなることが多いのですが、2番線です。渋谷からみたら東京方面ですw

 

日清ラ王袋麺屋164号車乗車口あたり(ホームの真ん中あたり)に凄く目立つお店があります。

 

日清ラ王袋麺屋15駅のホームにこれは目立ちますよね。なので、みんなすっごい見るんですよ。

「あっラ王だ!」

「えっ!?ここでラ王食べれんの?」

みたいな感じで驚いてるんです。

 

日清ラ王袋麺屋1しかも列が出来てたりするので、これまた注目されます。

日清さんは面白いプロモーションをしますよね!ホント。

 

日清ラ王袋麺屋2ここの名前は『日清ラ王 袋麺屋』。ラ王の袋麺を食べられるお店です。

 

日清ラ王袋麺屋3驚きなのが、価格と麺量。並盛り、大盛り、特盛り・・・全部300円なんです。

 

・並盛り(200g)一食分

・大盛り(400g)二食分

・特盛り(600g)三食分

 

600g食べたとしても300円!これは凄いです。袋麺だとしても凄いでしょ。

 

スクリーンショット 2015-04-28 0.53.44

家で食べるよりもお得なのか、計算してみます。

 

お土産で販売されているものが一食108円。詳細のページを見てみると一食102g計算でした。←麺のグラム数はもっと少ないです。

つまり、一食108円で102g。300円払えば、300gぐらい。

 

この『日清ラ王袋麺屋』では、300円払えば、200g、400g、600gから選ぶことが出来るんです。しかも麺の量だけでね!

大盛りの400gは、コンビニ・スーパーで買って自宅で食べるよりも完全にお得ですね。600gの特盛りになると、さらにです!これは安い!

 

日清ラ王袋麺屋5レジで注文した後、出来上がりまで待ちます。出来上がると渡された番号で呼ばれます。

作っているところをちょっと見たのですが、普通に家庭で作るように、小さい鍋で麺を湯でてました。自宅感を出すためですかね。

 

日清ラ王袋麺屋9そんで、出来上がったのがこれ!

 

日清ラ王袋麺屋8ちなみに僕が頼んだのは大盛りです!

 

日清ラ王袋麺屋11驚きなのは、トッピングがちゃんと付いてるってことです。チャーシューはもちろん!

 

日清ラ王袋麺屋12煮玉子だって付いてる!あとメンマとネギがトッピングされています。

先ほど、麺の量で料金をみましたが、こんなトッピングがついたら200gの並盛りでも十分お得ですよね!これにはホントビックリです!

 

日清ラ王袋麺屋10食べてみると、ラ王って感じでしたw

やっぱ味はラ王そのもの!でも「まるで生めん。」と言っているぐらいなので、麺のクオリティは高かったです。完全なる生めん!と思えるほどではないですが、生めんにかなり近いんじゃないでしょうか?

最近のカップ麺、袋麺はすごいですね。そこらへんのラーメン屋より美味しいと思います。ビックリです。

スープの味は濃厚魚介醤油!流行りの魚介系ですね。ちょっとしょっぱ過ぎた気もしますが、家で食べる時は調整できますしね。非常に美味しかったです!

 

日清ラ王袋麺屋13お店で食べる袋麺は、なんだか不思議な感じでした。美味しかったですけどね。

 

日清ラ王袋麺屋6

日清ラ王袋麺屋7店内も電車の中っぽくて不思議でした。

今回の濃厚魚介醤油は期間限定で2015年5月30日までなので、気になる方は是非寄ってみてください!

ちなみに山手線外回りのホームにはどん兵衛が食べられる『どん兵衛屋』があるので、こちらも是非!

参考:日清ラ王

 

 

関連ランキング:ラーメン | 渋谷駅神泉駅

明日のブログ侍は、「たらハコ」を運営されているよっしーさんです!お楽しみに〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>