suisai クレイ洗顔レビュー!汚れはしっかり落ちるのに洗顔後つっぱりなしでリピ買いしました!

みなさん、どんな基準で洗顔料を選んでいるでしょうか?

テクスチャ、汚れの落ち具合、洗いあがり、ブランド、価格…など様々だと思いますが、僕は現状この基準で選んでいます。

 洗顔料を選ぶ基準 
  • 濃密な泡を作ることができる
  • ほどよく洗浄力がある
  • 洗顔後つっぱらない

肌を擦らず負担にならないことを第一に、Tゾーン周りの皮脂がとても多いので、皮脂汚れをしっかり落とせつつもつっぱらない洗顔料がいいかなと思っています。

そんな洗顔料を探している時に発見した「スイサイ ビューティクリア ミクロウォッシュ」。

汚れを吸着する特性のあるクレイ(泥)系の洗顔料ですね。

1本使い切りリピートもしたので紹介したいと思います。

毛穴より小さな洗浄成分で汚れを吸着する「ビューティークリアミクロウォッシュ」

2020年3月1日に発売された商品なので比較的新しめ。

suisaiというと、酵素洗顔パウダーが有名ですね。他にもクレンジングや化粧水なんかも展開されています。

スイサイ ビューティクリア ミクロウォッシュ」は、2種類のクレイ(洗浄成分)で毛穴の汚れを吸着してくれます。しかもクレイは毛穴よりも小さく、洗浄力は期待できそうです。

そして、クレイ系の洗顔料にありがちな洗顔後のつっぱり問題を保湿成分でカバーしてくれているのが特徴です。

毛穴汚れ、古い角質、皮脂をしっかりオフしてくれて、さらに仕上がりもいい感じにしてくれるという…選ぶ基準にドンピシャな洗顔料でした!

成分はこんな感じ!

 成分 
  • 洗浄成分:モロッコ溶岩クレイ、ホワイトクレイ(カオリン)
  • 角質ケア成分(保湿):アンズ果汁、DPG
  • アクアモイスチャー成分(保湿):アクアグルコシド(エチルグルコシド)、ヒアルロン酸Na
  • 香り:ミントウォーターの香り

参照:suisai

もちもちの濃密泡が簡単に作れて、肌の刺激を抑えながら洗い上げる

使用する際は約2cmのクレイを取り出して泡立てていきます。

手の平でも泡立てられますが、泡立てネットを使うとより簡単に素早く濃密泡が作れるのでネットない方は持っておくと便利かと。

コツは、水を切ったネットを使って空気を含ませるような感覚で泡立てることです。途中で水を少しずつ加えて調整していくと弾力のある泡が完成します!こちらは参考までに…

このように2cmの量でも十分すぎるほどの泡が作れました。

洗う時は、皮脂の多いTゾーンから順番に泡をのせて優しく泡を動かすようにしていきます。

洗ってみると、肌の摩擦(刺激)を少なくできて、サッと素早く洗っても汚れが落ちている感覚でした。継続してみると毛穴の黒ずみを防いでくれているような印象がありましたね!

洗浄力はありつつ、つっぱらない使用感は嬉しいところです。

クレイパックもこの1本で

毛穴汚れに強いクレイ系の洗顔料でも物足りないという方は、クレイパックで毛穴の大掃除を試してみるのがオススメです。

通常、洗顔料とは別でクレイパックを用意しますが、suisaiのクレイ洗顔であれば、クレイパックとしても使うことがでできます。これすごい!

使い方はいたってシンプルで、乾いた肌に洗顔料を泡立てず伸ばしていき30秒ほどで洗い流します(強い洗顔になるので週1~2回の使用が目安です)。

僕は韓国コスメのイニスフリーで販売されているクレイパックを基本的に使用していますが、suisaiのクレイパックでも肌のざらつきがなくなり、つるんとした肌になりました!

これ1本でクレイパックまでできちゃうのは便利ですよね。

あとは酵素洗顔と一緒に混ぜて使ってみるのも一つだと思います。この方法は以前記事にしているので、気になる方はチェックしてみてください。

参考:いつもの洗顔料に混ぜるだけの、簡単毛穴ケアがすごい

1本使い切ってみて

満足しています。リピートするぐらいなので。

最初、ミントの香りを強く感じて、好みの分かれそうなイメージでしたが2回目以降は全然気になりませんでした(慣れなのかな…)。

1本130gで1,980円の価格設定なので、少し高いと思われるかもしれませんが、使い勝手はいいと思いますよ!

ぜひ洗顔料を探しているという方は試しに使ってみてくださいね!

created by Rinker
suisai(スイサイ)
¥1,630 (2020/09/29 11:46:44時点 Amazon調べ-詳細)

RECOMMEND