絶景!千葉県房総半島を一望できる鋸山で「地獄のぞき」を体験してきた。

Pocket

千葉県の房総半島で観光するのにオススメなのが「鋸山(のこぎりやま)」

車を走らせ、観光に行ってきました。

古くから建築用に使われている房州石の産地として知られていて、切り出した岩の跡がノコギリ状に見える事から鋸山(ノコギリヤマ)と呼ばれているそうです。ゴツゴツした岩肌の露出が多いので、面白い山の光景が見られます。

鋸山は、日本一の大きい大仏があったり、たくさんの石仏があったりと見所満載ですが、一番の見所は「地獄のぞき」

nokogiriyama13これですね。突き出た岩から下をのぞきこむとスリル満点。

鋸山の頂上は、房総半島を一望出来る絶景ポイント。ちょっとした観光にオススメなので、山頂までの行き方も含めご紹介します。

 

鋸山 山頂までの行き方

nokogiriyama2山頂までの行き方は4種類あります。

  1. 下から山頂まで歩いて登る
  2. ロープウェーで山頂近くまで登り、山頂まで少し歩く
  3. 山頂近くまで車で行く
  4. 途中まで車で行き、少し登る

標高329mの鋸山ですが、下から登ると片道1時間程度で登ることが出来ます。体力のある方は、登山感覚で登るのもありですね。

個人的にオススメは4番目の「途中まで車で行き、少し登る」コース。

ご高齢の方がいたり体力に自信のない方は、山頂近くまで車で行くのをオススメしますが、日本で一番大きな大仏を経由し、少し達成感が得られる4番目のコースがいいかなと。


駐車場の場所はこちら。山頂近くまで行くことのできる鋸山登山自動車道(有料)と間違えないようにしましょう。

車のナビで、住所等がでない場合は、民宿北見(千葉県安房郡鋸南町元名 千葉県安房郡鋸南町元名136)を目指して行くと、目印が近くに見えてくると思います。

 

 

鋸山駐車場から山頂まで

nokogiriyama1鋸山日本寺の拝観時間は、午前8時〜午後5時まで。

拝観料は、大人600円、小人(4〜12歳)で400円です。団体等の詳しい料金については鋸山日本寺のHPをご覧ください。

 

nokogiriyama3nokogiriyama4少し登ると見えてくるのが、日本一大きな大仏。

日本一の大仏は「薬師瑠璃光如来」という名前で総高31.05m。めちゃくちゃでかい。

岩を削って建立した大仏だそうです。とくかくでかい。

 

nokogiriyama5それからは急な階段が続きます。

低い山とだからといって甘く見ていると痛い目を見ます。20分ぐらいは登るでしょうか?

ガチな登山の服装は必要ありませんが、動きやすい服装で行くことをオススメします。暑い日は汗もかくと思うので、タオルも必要かと。。。女性はヒールだとキツイですよ。

 

 

山頂からの絶景 “地獄のぞき”

nokogiriyama11山頂に到着すると岩肌が丸見え。断崖絶壁とはこのことです。

訪問したのが日曜日ということもあり、観光客で賑わっていました。

画像右側にある高台から見る景色は抜群です。

nokogiriyama6nokogiriyama7nokogiriyama9これを見た時の達成感はなかなか。

 

一番の見所、地獄のぞきは、時間によって並ぶことがあります。だいたい右側の柵にそって並んでいましたね。

nokogiriyama10

 

nokogiriyama21この飛び出した岩からの風景、気になりますよね。地獄のぞきというぐらいですから、こわいはず。。。

 

nokogiriyama16それがこちら。混雑していて上手く撮影出来ませんでしたが、ちょっと手前の岩が邪魔ですw

左側に目を向けると、100m下が見下ろせるようになっているのですが、確かにこわい。

飛び出た岩の上にいると思うとさらにこわくなります。

 

nokogiriyama13鋸山に行ったら絶対撮りたいこのアングルからの写真。しっかり撮影出来る場所があります。

 

nokogiriyama12地獄のぞきを前にして、左手に進むとこのような撮影出来る場所が。

家族連れの方は、ここから家族を撮影している風景を良く見かけました。

 

nokogiriyama17nokogiriyama18絶景ですね。

関東にお住まいの方で、日帰りでどこかへ行きたいという方には、おすすめのスポットです。

帰りに美味しいご飯を食べてもいいでしょうし、温泉に入ってのんびりするのも有りだと思います。

気になる方は是非チェックしてみてください。

Pocket

Leave a Reply