ひんやり感が最高!ユニクロ×セオリーのフルオープンポロを着てサラッと快適に!

uniqlo-theory20170

昨年に続き、ユニクロとニューヨーク発祥のブランド「Theory(セオリー)」とのコラボアイテムが発売されました。今回で2回目ですね。

昨年は、ドライ機能が搭載されたポロシャツとTシャツのアイテムが計4型。大人を感じさせるカラーリングが気に入り1着購入しました。

ユニクロ×セオリーのコラボポロシャツを使ったシンプルコーディネート

今回のコレクションはアイテム名に「ドライコンフォート」と入ったアイテムが計3型。

その中でも発売前から気になっていたフルオープンタイプのポロシャツ「ドライコンフォートフルオープンポロシャツ(半袖)」を購入しました。

2017年6月5日の発売日に購入して紹介が遅くなりましたが、抜群の着心地とキレイなシルエットのポロシャツなので、コーディネート含め紹介したいと思います。

ひんやり感が快適なゆったりシルエットのフルオープンポロ

Iラインを意識したシンプルなコーディネートで

uniqlo-theory8まずコーディネートを。

ポロシャツは着崩したりするのが難しいので、ジャストサイズをチョイス。

172cmでMサイズを着用しています。

アルファベッドでいうIのシルエットになるようスキニーパンツと合わせて縦のラインを意識しました。Iラインで落ち着いたカラーでまとめると大人の雰囲気が強くなりますね。

袖が長めに作られていたので少しだけまくり、バランスを調整しています。

着方としては、前をしめるか開けるか、ボタンを一番上までとめるかどうか。そんなところですかね。

uniqlo-theory4uniqlo-theory5ガラッと印象が変わりますね。

個人的には前を全部しめる着方をオススメしたいです。元々がキレイにつくられたアイテムなので、その魅力が一番伝わるような着方が良いかなーと思います。

柔らかい生地が使われているので、ボタンの一番上を開けると襟が弱々しくなります。カジュアルというよりも、少しだらっとした印象が加わるので、開けるのであれば全部開けて着こなすのが個人的にはオススメですね。

 

購入に至った理由

なぜ買ったのかという理由についてですが、いくつかポイントがあります。

まず、上品な印象を与えるシンプルな作りと落ち着いたカラーですね。

色は、ホワイト、グレー、ブラック、ネイビーの4色展開ですが、このグレーは特に生地感からも他のアイテムとは違った雰囲気を放っているように感じ、目に留まりました。

黒のアイテムが多い僕としては合わせやすいかなと。

uniqlo-theory6ドロップショルダー(肩との腕との境目が腕側に落ちていること)で、ゆったり着れるのもポイントですね。トレンド感強め!

uniqlo-theory7サイドにスリットが入り、後ろの丈が若干長めに作られています。

購入する際はサイズ選びを慎重に行いました。S、M、Lの3サイズを試着しましたからね。

ユニクロもアイテムによって、ぴったりなサイズが変わってきます。

このポロシャツのように”ゆったりシルエット“等と説明されている商品には特に注意したいところです。

Sサイズは全体的に小さく、Lサイズだと丈と身幅が大きくなる。僕の場合はMサイズがぴったり合いました。

他のアイテムでも言えることですが、失敗しないためにサイズ選びは慎重にしたいところですね!

 

ドライ機能と接触冷感機能のあわせ技が凄い

uniqlo-theory2商品名にある”ドライコンフォート“、これが凄かった!

汗もすぐ乾くドライ機能と、着た時にひんやり快適な接触冷感機能。これらが裏地に使われています。

肌触りが滑らかで、着てみてから冷たく感じるんですよね。すげえ快適!!

ドライコンフォートの名の付いたアイテムは他にもあるのですが、是非体験してみて欲しいです。暑い夏場に活躍すること間違いなしかと!

私服にはもちろん、クールビズとして仕事の際に使うのもいいかもしれませんね!

コラボアイテムは、全国のユニクロ店舗で発売されているので、近くの店舗へ寄った際には是非見てみてくださいね!