この夏注目したい!!オープンカラーシャツ(開襟シャツ)の着こなし方法をコーディネート含めご紹介します!

open-collared-shirt0

この夏、オープンカラーシャツでキメたい!”むーろぐ“管理人のひろむ(@mwwx)です。

大手セレクトショップはもちろんですが、UNIQLOでもプッシュされていますねオープンカラーシャツ。

open-collared-shirt4トップスに大きめサイズをチョイスして、ゆるっとしたコーディネートが流行っていますが、同時にオープンカラーシャツも街中で良くみかけるようになりました。

オープンカラーシャツは、言葉を変えると”開襟シャツ“。ざっくり説明すると襟が開いたシャツのことを指します。

テロっとした生地感でサラッと快適に着れるものが多く、1枚でもさまになる便利なアイテム。

トレンドである以上、被ることもあるでしょう。ですが、ボトムスの種類で全体の印象をガラッと変えることが出来ます。

今回は、オープンカラーシャツの着こなしについて、例を出しながらみていきたいと思います。

ラフに着る!オープンカラーシャツの着こなし例

オープンカラーシャツは、トロっとした素材感を活かすために、ジャストサイズで着るよりも少し「ラフ」に着こなすのがオススメです!

今回ご紹介するオープンカラーシャツもジャストサイズからワンサイズアップして着ています。

シルエットは、トップスのサイズを見ながら、ボトムスで整えるとキレイに見えるのですが、ボトムス選びで雰囲気がガラッと変わるので例を出しながらみていきますね。

オープンカラーシャツ×スキニーパンツ

IMG_9912ネイビーのオープンカラーシャツと黒スキニーで合わせてみました。

トップスがゆったりしているので、パンツで締めるような感覚です。

オープンカラーシャツをなるべくキレイめに見せたい方にはオススメのコーディネートです。

上にボリュームを持たせ、下を細身にすることでY(V)のような形のシルエットになります。全体をスタイリッシュに見せてくれますね。

少し大人っぽく、セクシーに見せたい方にはおすすめです。

シャツのカラーについて

open-collared-shirt7こちらは色違い。総柄のタイプ。

シャツのカラーはコーディネートを構成する重要な要素。

キレイめに見せたい時は、黒や白に近い色を。カジュアル寄りに見せたい時は、他の色や柄の入ったものを選ぶと良いと思います。

どんな雰囲気を作りたいか、それに応じてカラーも考えていきたいところです。

 

オープンカラーシャツ×ワイドパンツ

open-collared-shirt8ネイビーのシャツと、同系色のワイドパンツでまとめました。上から下まで全部UNIQLO。

男っぽく、ワイルドに見せたい方にはオススメのコーディネートです。

トップスに対して下が太めのシルエット。アルファベットのAの形に似ています。特徴は、男らしさやワイルドさを演出できるところ。

スキニーパンツよりもカジュアルな着こなしになっていますよね。

今回は、カジュアル要素をプラスするためにワイドパンツの裾にクッション(靴の上にできる裾のたるみ)をつくりました。

ロールアップするとまた違った印象になりますね。キレイめとカジュアルのバランスを確認しながら調整していきたいところです。

 

オープンカラーシャツ×ハーフパンツ

open-collared-shirt9スラックス素材のハーフパンツと合わせました。

ハーフパンツは子供っぽさのあるアイテム。着こなしには注意が必要です。今回はグレーをチョイス。

オープンカラーシャツに生地感を寄せつつなるべく大人っぽくコーディネートしました。

アイテム単体でみるとカジュアルで、子供っぽいアイテムでも、カラーや素材で大人っぽくみせることも出来ます。これを知っておくとコーディネートの幅が広がりますね。

 

そのまま着ないちょっとしたコツ

服に少し変化を加えてあげるだけで見た目がグッと良くなることがあります。

例えば、ロールアップをしてみたり、袖をまくってみたり、襟を立ててみたり、ボタンやジップの開け方を工夫したり・・・

オープンカラーシャツで出来るちょっとしたコツをお伝えしたいと思います。

袖まくり

open-collared-shirt10左:袖まくりなし、右:袖まくりあり

冒頭で、少しオーバーサイズで着こなすのがオススメと紹介しました。

ですが、ゆったりしたサイズ感を選択すると、必要ない部分にもボリュームが出てしまいます。袖なんかはまさにそう。

半袖のアイテムは特に、袖が長くなると腕が短く見えてしまいます。↑でも袖をまくっている右側の方が長く見えませんか?

腕が長く見えると全体的な身体のバランスが良くみえます。そして、袖が細くなると、少したくましく見える!!オープンカラーシャツに限らず言えることですが、試してみると違いが分かると思いますよ。

open-collared-shirt11袖の長さで折る回数に違いが出てきますが、折り方を参考までに。

キレイに折り返すのも一つですが、くるくるっと折り返した雰囲気の方が男らしさが出るので、少し工夫しています。

方法としては、キレイに1度折り返してから、外側だけもう1度折ります。こうすることで、外側の袖がキュッと上がるのでオススメです!ぜひ試してみてください。

 

タンクトップでレイヤード

open-collared-shirt3タンクトップはホントに便利。

トップスの長さを補うことも出来ますし、上下のメリハリが出来ますし、縦を意識したシルエットも作りやすいです。

何よりも腰の位置が隠れて脚長効果が期待できるのは嬉しいですね。

今までパッといなかったコーディネートにもタンクトップを加えると、しっくりくることもあるので、オープンカラーシャツに限らずオススメです!

 

被ることを恐れずに

いかがでしたでしょうか。少しでも参考になれば嬉しいです。

今回コーディネートに使用したものは、UNIQLO Uのオープンカラーシャツ(半袖)で172cmの僕でLサイズを着用しています。参考までに。

先日、出掛けたら電車で同じものを着ている人を見ました。WEARを見てもたくさん同じ服が・・・

安くて質も良いですが、これがUNIQLOを着るということなんでしょうね。同じ服と思わせない着こなしが出来るように頑張りましょうね。ではでは。

RECOMMEND