iPhone6 Plusを手に入れた時の第一印象を忘れないために書き留めておくことにした。 3

Pocket

iPhone6 Plus0

第一印象ってクソ大切ですよね。人も。iPhoneもw

今更感もありますが、iPhone5からiPhone6 Plusに変えました。出来ればsimフリー版が欲しかったのですが、Appleさんが日本国内での販売を復活させない雰囲気だったので、もう待ちきれん!って感じでSoftbankさんで変えてきました。

iPhone6 Plusは街中でもよく見るし、じっくり触ったことも多いのですが、自分のものとなるとなんだか印象も変わってきますね。ファーストインプレッションってやつは、時が経つと忘れてしまうので、ここに書き留めておきたいと思います。

慣れって怖いですからね。iPhone6 Plusユーザーのみなさん、これを見て手にした当時のことを思い出してくださいw

 

 

iPhone6 Plusのファーストインプレッション

■でかい!!!!

iPhone6 Plus1

そんな感想は聞き飽きたぜ!なんて言わないでくださいねw

iPhone5は4インチ。iPhone6 Plusは5.5インチですよ!!そりゃでかく感じます。

周りの人に「iPhone変えたんだ〜」と言って見せると「でかっ!!」とその大きさに驚きます。さらに、手に持たせてみると「でか〜〜」と続けざまに同じ感想を言いますw

そうなんです。iPhone6 Plusはでかいんです!

大きいといろいろと大変なことが出てきます。まずどうやって持つのか悩みます。片手は厳しいから両手で持つしかないな・・・ってね。そして持ち方が変われば、文字入力方法が変わるんです。iPhone5と違ってディスプレイの幅も違うので大変っす。両手フリックなんてできないっす。

 

 

■背面がカッコ悪い

iPhone6 Plus2

僕の個人的な感想なんですけどね。スペースグレイを購入したのですが、背面がなんだかカッコ悪い。

カラーとしては好きなんですが、なんかちゃっちい。iPhone5にはそんなの感じなかったのですが、なんだかiPhone6はちゃっちい。

よ〜く見て考えてみたところ・・・

 

iPhone6 Plus3画像の矢印のところっす。素材が違うラインのところっす。

素材はなんだか分かりませんが、この部分がものすごくiPhone6の背面をカッコ悪くしてるような気がします。見慣れると気にならないと思うのですが、背面の第一印象は悪かったっす!継ぎ目のないフォルムはいい感じなんですけどね。

 

 

■いいお尻

iPhone6 Plus4セクシーなお尻だと思います。

7.1mmという薄さと丸みを帯びてるところがなんだか素敵に見えますw

 

 

■スリープボタンに馴染めない

iPhone6 Plus5

iPhone6からスリープボタンが右サイドに来ました。今までは上にあったのに。

やっぱり最初は戸惑います。上にボタンを置くと指が届かないというのは分かるのですが、やっぱ最初は慣れないですね。

 

 

■音を殺してスクショが撮れない

iPhone6 Plus6

iPhoneのスクリーンショットは、スリープボタン①を押しながらホームボタン②を押します。この時、iPhone5からスリープボタンの位置が変わってしまっているので、ボタンを同時押しする際の指の使い方に戸惑うところもあるのですが、もう一つ重要な問題が見つかりました。

お尻のスピーカー部分を指で抑えてもカシャって音が結構漏れてしまいますw

いや、iPhone5もある程度はなっていたのですが、iPhone6 Plusはスピーカーを上手く指で押さえ切れていないせいか、なんだか音が大きいw

電車とかでスクショ撮る時、どうすれば・・・というのが正直な感想っす。

 

 

■画面がでかいとまじで楽しい

iPhone7 Plus7

画面がでかいと目に入る情報量も必然的に多くなります。表示されるものが多いわけですからね。

これが僕の感じる一番の魅力っす!

Twitterをするにしても、Facebookを見るにしても、画像は大きく表示されるわ、見やすいわって感じでいろいろと楽しいっす。

iPadみたいなタブレットだとPCの画面感が強いんですが、iPhone6 Plusぐらいの大きさだとまだまだスマホの範囲内なんですよね。←これ分かりずらいっすよね。

画面と顔の距離感が変わるからなのか、iPadのサイズよりもiPhone6 Plusの方がいろいろと楽しい気がしました。

 

 

■ゲームが難しくなった(ゲームによる)

iPhone6 Plus8

でかい画面でゲームが出来るなんて嬉しいことなのですが、ゲームのジャンルによってはディスプレイがが大きくなったことによって難易度が高くなったゲームがあります。

それが、音ゲーっす。

両手で持って親指で画面をタップするのですが、親指の移動距離が長くなって大変ですw

快適なところもあるんですけどね。むずいっすw

 

 

■どこのポケットに入れればいいのか分からない

iphone6 pocket1.002

発売前にサイズを比較してどのポケットに入るのか試してたぐらいに、あらかじめ考えてたことなんですが、実際手にしてみると悩みますね。

どこのポケットに入るかは、「【動画】iPhone6、iPhone6 Plusをダンボールで作ってサイズ比較!スーツ、スキニーデニムのポケットに果たして入るのか?」の記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

 

動画でも紹介してます。6分ぐらいのところからポケットの入るところについて検証しています!

 

iPhone6 Plusだと大きいので、正直ズボンのポケットに入れるのはカッコ悪いっす。履いてるものにもよると思いますが。。。

寒い冬の時期はね、ジャケットとかコートの中に入れればいんですけど、夏はどうしようって感じです。女性はカバンに入れている人が多い気がしますが、カバンに入れるのもな〜ってところです。

お尻のポケットに入れると画面が割れる可能性も高いので、夏のことは夏に決めることにしますw

 

 

■電話する時カッコ悪い

iPhone6 Plus9

画像はすでにケースをつけてしまっているのですが、iPhone6 Plusの大きさで電話ってなんか違和感があります。

ノートみたいにパカッ開けるケース使ってる人はさらに大変なことになりますよね。閉じたまま電話できるケースもあるみたいですが、開けたまま電話は見ているだけでも辛くなりそう・・・

まあ最近、電話をすること自体、頻度が少ないとは思いますけどね。ちょっとカッコ悪い感じっす。

 

 

■バッテリーが長持ち

iPhone6 Plus10

電池がねぇ!ってそんなことは言わなくなりそうな気がします。仕事のある平日ならば丸一日全然持ちます。おそらく休日も問題ないでしょう!

iPhone5の時はバッテリーがもう死んでて、バッテリー残量表示が40%から急に一桁になったり、30%だったと思ったら、急に電源が落ちたりと、モバイルバッテリー無しでは生きていけませんでした。←こんな状態で良く使ってたと思う。

iPhone6 Plusの電池の持ち具合いを見る限り、一日いiPhoneをめっちゃ使うって日がなければモバイルバッテリーはカバンに入れなくても良いような気がしています。

ダンボーのモバイルバッテリーごめんよ。。。君たちはもう不要なんやで!って日が来てしまったのかもしれませんw

 

 

慣れってすごくて怖い

最初は不自由に感じてた部分も慣れてくると良く見えてきたり、逆に最初に良かった印象だったところが時間が経つにつれて微妙に感じたりすることって多いっすよね。

たぶん今回上げた、見た目の部分やボタンの位置などの使い勝手の部分は、慣れでカバー出来るところなので、少し時間が経てば逆に良い特徴になっているかもしれません。

慣れってすごいけど怖いっすね。

1ヶ月ぐらい使用してみて、また感想を記事にしたいと思います。今回上げた内容がどうなってるのか自分でも楽しみっす!

 

Pocket

3 thoughts on “iPhone6 Plusを手に入れた時の第一印象を忘れないために書き留めておくことにした。

  1. Pingback: iPhone6の背面がカッコ悪いので、クソかっこ良い木製ケースでかっこ良くしてみた! | むーろぐ

  2. Pingback: 新しいiPhoneに変える前、必ずやってほしいこと。データ移行の注意点と確認事項! | むーろぐ

  3. Pingback: iPhone6 Plusを一ヶ月半使ってみたんだけどさ・・・ | むーろぐ

Leave a Reply