壁にペタッと貼り付けるホワイトボードをトイレに導入してみた

自宅にホワイトボードを導入しようと検討したことってありませんか?

僕は何度かあるのですが、その時は諦めました。大きさにもよりますが、場所は必要ですし設置も面倒でそこまで必要か?と考えてしまって…

ただやっぱりメモを簡単に残せる何かが欲しいと考え直したところ、いい商品を発見しました。

それが「静電気で貼れるホワイトボード」。ペタッと壁に貼り付けて使うシート状のホワイトボードなんです。

こんな商品あったのですね…トイレに設置してみたら結構快適だったので紹介したいと思います。

でこぼこした壁にも静電気で貼り付くホワイトボードシート

こちらはING STYLEというブランドから発売されているホワイトボードシートです。

通常のホワイトボードと違い、シート状なのでラップのように収納されています。

他商品もいくつか見ましたが、特徴はだいたい同じ模様。詳しく見ていきたいと思います。

全長480cm 80cm単位でカットできる

こちらの商品は、幅60×長さ80cmの大きさのシートが6枚カットできる仕様。つまり全長は480cmですね、めっちゃでかい。

シートの端をみるとミシン目になっていたことが分かります。ここでピリピリっと一枚ずつカットして壁に貼り付けます。

設置場所や用途に応じて大きさを使い分けられるのは良いですよね。

静電気ででこぼこな壁にも貼り付く

壁紙ってでこぼこしているものが多いと思います。

ホワイトボードシートは静電気を使って貼り付けるので、画鋲や粘着テープは一切不要。

賃貸なんかだと穴を開けずに済むので良いかなと。

ペタッと貼り付けるだけなのでめっちゃ簡単。

貼り直しも繰り返しできるので、設置ストレスはないかなと!

しっかり書けて、裏写りもなし

静電気で貼り付けるので、ホワイトボードシート自体はめっちゃ薄い。

裏写りを少し気にしてしまったのですが、気にしすぎでした…

一般的なホワイトボード同様に、繰り返しマジックを使うことができます。(ホワイトボード用のマジック使ってくださいね)

ホワイトボードシートのちょっと気になった点

書き心地は壁による

でこぼこの壁紙だと、どうしても書く際にでこぼこが伝わってきます。

ホワイトボードシート自体が薄いのでしょうがないですけどね…

書いた跡が残る

使用しているマジックの問題かもしれませんが、書いた跡が少し残ってしまいます。残るというより、書いた箇所のシートが少し浮いている印象ですかね。

繰り返し書いていけば気になりませんが、書き始めは多少気になるかもしれません。

湿気には注意が必要

静電気で貼り付けるため、湿気には弱いらしい…

1習慣程度使ってみて問題ないのですが、口コミでは張り付かなくなったという声も見かけました。

湿気の多い場所・季節では張り付きにくくなるかもしれません。

勉強・アイデアのメモにいいかも

トイレはアイデアが浮かぶと良く言われますが、何か書き残したりするのにめっちゃ便利です。

とにかく壁がそのままホワイトボードになるので、場所を取りません。

現状、勉強用に使われています。他にも冷蔵庫に貼ってメモ代わりにしたり、子供のお絵かき用に使ってみるのもいいかもしれませんね。

ちなみにペンはなるべく臭いの少ないものを使用しています。トイレで使ってますからね…

同じようにトイレに設置したいと考えている方には、トイレットペーパーストッカーがめっちゃおすすめです。

2019年の買ってよかったものでも紹介しましたが、トイレットペーパー12個入るし、小物置きにもなるのでめっちゃ良いです。

ホワイトボードシートの使い方は人それぞれだと思うので、有効な活用方法をぜひ見つけてみてください。

ちなみに僕が購入したものがもう売り切れになっていたので、他メーカーの商品も貼っておきますね。「ホワイトボード 静電気」なんかで検索するといろいろ出てくるのでチェックしてみてください。

created by Rinker
セーラー万年筆
¥3,017 (2020/05/31 20:41:04時点 Amazon調べ-詳細)

RECOMMEND