錫を使った指に巻く指輪「NAGAE+ TIN BREATH Ring 」がカッコイイ!付ける指を選ばないしとにかく良い!

tin breath ring0

指にはめるというよりも”指に巻く”がしっくりきますね。

最近、アクセサリーや小物をしっかり揃えたいと思っています。”むーろぐ“管理人のひろむ(@mwwx)です。

以前、当ブログで錫(スズ)を使った珍しいブレスレットを紹介しました!

nagae+ tinbreath9NAGAE+(ナガエプリュス)の「TIN BREATH」という柔らかい錫の特製を活かしたブレスレットで、自分サイズに曲げて身に着ける今までなかったブレスレットでした。(詳しくは下記記事にて)

自分で好きなカタチに変えられる錫(スズ)を使ったブレスレット NAGAE+の「TIN BREATH」

冬場に出番がなかったんですけど、腕が寂しくなる夏場には大活躍!

そんなTIN BREATHから指輪タイプが発売されていました!!実は、少し前から知っていたんですけどね。もちろん買いました。

リングはオールシーズン活躍してくれそうなので、こちらも紹介しますね。

 

TIN BREATH Ring買いました!

tin breath ring1tin breath ring3ブレスレットタイプは、10mm〜60mmまで、10mm刻みで幅のサイズ展開がありました。

今回のリングの幅は、10mm、15mm、20mmの3つで長さはどれも8cm。

ちょっと存在感のあるリングが欲しいと思っていたので、15mmのタイプを選びました。

 

tin breath ring4購入時の平らの状態から、自分のサイズに合わせて曲げていきます。

錫(スズ)という金属は分子構造が荒く、厚さがなければ手でも曲げることが出来ます。

ホントに曲げるのも簡単で、表面がゴツゴツするように曲げてもいいし、キレイな丸に曲げてもいい。好みに合わせて表面の印象を変えられるのは嬉しいところです。

 

nagae+ tinbreath14表面の印象でいえば、TIN BRATHは片面ずつ表面処理が違います。

片面が水彩画、もう片面が和紙の質感になっていて、光の反射が変わってきます。

これ面白いですよね。リングがリバーシブルって普通ないですもん。

 

tin breath ring5ブレスレットと並べてみました。

ブレスレット、夏場は頻度高めで使ってたので、ちょっとくすんでますね。でもリングの方が強く光っていたような気がします。気のせいかも。。。

 

 

どの指にもはめられる!自由度の高いリング!

リングを購入する時って大変ですよね。

まずどの指にはめるか決めなきゃいけないですし、指のサイズに合ったものを探さなければなりません。

他の指にはめるリングが欲しいと思ったらまたその繰り返し。。。

TIN BREATH Ringの良い点は、サイズを気にしなくて良いところ一つあればどの指にもはめられます

 

tin breath ring9人差し指。

 

tin breath ring8中指。

 

tin breath ring11親指にも。もちろん小指にだっていけます。

気分だったり他のアクセサリーとの組み合わせだったり、状況に応じて指を変えられるのは便利ですよね。

 

tin breath ring14もう一ついいなと思うのが、付け方も工夫できるってところ。

リングの端を重ねるようにしたり、少しずらしてみたり。。。少しずらすと指に巻いてる感ありますよね。

 

tin breath ring12モード感ただよう服装にはバッチリ合うと思います。付けてるとちょっと指が金属臭くなっちゃいますけどね。。。

シルバーのリング探してたけど、高いし良いの見つからないなーという方は是非TIN BREATH Ringをチェックしてみてください。

  • 10mm 3,000円(税抜き)
  • 15mm 4,000円(税抜き)
  • 20mm 5,000円(税抜き)

思ったよりも安いですからね。手を出しやすい価格なのかなと。

TIN BREATH Ringは取り扱い店舗がまだ少ないです。実際にモノを見てみたいという方はショップリストから近くの取り扱い店舗を探してみてください。

ネットからだとアシストオンが取り扱っていますね。

今回はシルバーのタイプを紹介しましたが、ゴールドもあるようです。ちょっと欲しいかも・・・・また何か購入したら紹介しますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>