服と向き合う

2017.11.18 fashion_event0.001

先日、ファッションの楽しさを伝えるイベントに登壇してきました。

【ギガ盛り×BTP】ファッションをテーマとしたイベントに主催側で参加することになりました!

ファッションの「守・破・離」をテーマに、ファッションの基本と楽しみ方を知り(守)、好きなスタイルを見つけ(破)、自分だけのこだわりを持つ(離)。

「ファッションをこれから楽しみたい」そんな方へ向けたコンテンツで話をさせていただきました(ちなみに担当は「破」でした)。

イベントを振り返ると「服との向き合い方」や「服に対する意識」を変えるきっかけとなる内容だったなー感じます。

服への想いは人それぞれ

僕はブログでファッションを発信するぐらいなので、服に対する想いも強めだと思っています。

2017.11.18 fashion_event 3.004

服は「鎧(よろい)」ぐらいに考えていて、クローゼットの服をバッチリ合わせられた時、いろんな要素やブランドの想いを上手くまとめ上げることが出来た時、自分に自信が持てて強くなった気がするんですよね。

この体験が服との向き合い方に強く結びついています。

人の目を気にするよりも、自分の気分がどうなっているのか、楽しめているのか。そこを重要視していていますが、どこを肝心な要素に捉えるかは人それぞれ。

・機能性
・異性からのモテ要素
・身だしなみ・清潔感
・価格帯
・ブランド etc…

服に対しての考え方や、重要視するポイントでその人らしさが見えてきます。

中には、そもそも服に対する苦手意識が強く、見た目関係なしに着れればいい。そんなマイナスイメージを抱いている方も多いと思います。

でも、服って誰もが毎日着るもの。

買い替え頻度が少なくても、低予算でも、服を選んで購入するタイミングがあります。

そんな時、少しの意識でキレイに見せることが出来れば、周りの目や自分の気持ちまでもマイナスからプラスに転換できます。

服との向き合い方が少し変われば、気持ちの持ち方がガラッと変わる。これは大げさじゃなく、本当にそう思っています。

 

自分らしいファッションって?

「あなたらしい服が一番似合う」それっぽいフレーズをどこかで耳にしたような気もしますが、現時点で”自分らしさ”がファッションに表れていなければ、”らしい服”は見つかりっこありません。

まず、自分のファッションを探す旅に出なければなりません。

友人に似合いそうな服についてアドバイスをもらうのも一つですし、パーソナルカラーから似合う色を知るのも一つです。

人に頼らない方法であれば、自分の好きなスタイルを見つけ出すのがオススメです。

2017.11.18 fashion_event 3.008僕の好きなスタイルは、最近こんなざっくりとした言葉で表しています。難しい言葉でなくていいんです。こんなザックリとした言葉を並べれて表現しても良いと思います。

2017.11.18 fashion_event 3.009コーディネートもこの言葉にほぼほぼ近いかなーと。

好みのシルエットやカラーを探してみたり、コーディネートアプリのWEARで好みのコーディネートを探してみたり、、、理想のスタイルが発見出来れば、あとは真似るだけ。

膨大な服が売り出されている中、好みのフィルターをかけ、服を選ぶことができるようになります。

そして、好きな服を一番テンションの上がるように着ていけば、きっとそれが自分らしい服になっていきます。

 

楽しむために服と向き合う

fashion-event-5
 Coordinate item 

Jacket:Dulcamara
Cutaew:BED J.W. FORD
Pants:Dulcamara
Socks:UNIQLO
Shoes:Hender Shcheme
Stole:Iroquois

イベント当日は、気合を入れて参戦しました。自分らしく、テンションの上がるファッションで。

fashion-event-1足元は特徴のある革のズック。

fashion-event-4首元にはいろんな模様とカラーが織り交ざったストールで寒さをしのぎつつ、アクセントに。

こんなファッションを僕は好きで着ていますが、オシャレに見えるか?と言われると自信がもてません。なぜかというとオシャレの感覚は人によって違うからです。

2017.11.18 fashion_event 3.017これはタンクトップ以外、全てUNIQLOで組んだコーディネートです。

先ほどのコーディネート比べるとどうでしょう?どちらがオシャレに見えますか?

好みは人によって別れます。

オシャレに見えやすくする方法はありますが、誰に対してもオシャレに見せる方法はありません。

これを頭に入れておくと、なんだかんだ服が楽しめてきます。

服への向き合い方は様々ですが、もし、ファッションに苦手意識があるのであれば、自分基準で考えてみるのもファッションを楽しむためには必要かもしれませんよ。

そんなことを思い、ブログの練習がてらこんな記事を書いてみました。

あ、そういえば、先日のイベントの様子がDMMさんのメディアで紹介いただいています。ぜひチラッとみてみてください。

「守」「破」「離」の3ステップでファッションに対する苦手意識を克服する – CANARY

それでは良いファッションライフを〜

2017.11.18 fashion_event 3.019

RECOMMEND