完全独立型ワイヤレスイヤホン「THE DASH」。タップ操作で通勤・運動にも最適な高機能イヤホン!

thedash0

新しく「THE DASH」という完全独立型ワイヤレスイヤホンを購入しました。

こいつが小さい本体のくせにいろんな機能がギュッと詰まってて、もの凄い未来感!購入から3ヶ月使用しましたが、僕の生活の質をグッと上げてくれました。

ちなみに、今まで使用していたのは、コスパの良い高遮音性イヤホン「SHURE SE215」

失くしてもリピートするぐらい気に入っていましたが、スマホがiPhone7になり、イヤホンジャックが消えてから外で音楽を聴く行為自体が減ってしまいました。

これはいかんと思い、検討したのがBluetoothイヤホン。ガジェットブロガーのでこにいが持っていたTHE DASHの凄さに感動してから、安くなったタイミングで購入しました。

スマートな操作性、驚きの機能が詰まったTHE DASH、レビューしたいと思います。

完全独立型イヤホンBragi「THE DASH」レビュー!!

thedash1Bragiはドイツのメーカー。梱包から海外っぽさが伝わってきます。

thedash2海外メーカーなので表記は全て英語。

英語表記はとっつきにくさもありますが、セットアップや特徴等はヘルプページを翻訳すればスッと理解できるので意外と余裕です。

thedash3開封時、箱が本のような形をしているのに気づきます。前から順番にめくっていくと、ペアリング方法、操作方法なんかも理解できちゃう仕組み!こんな開封時のワクワク感は日本メーカーではなかなかない感覚ですね。

thedash5箱の中には、イヤホン本体と充電器、短いマイクロUSBケーブルとサイズ調節が出来るスリーブの各サイズ(XS、S、M、L)、そして、ステッカーと注意書き(日本語なし)が入っていました。

thedash6みてください、本体のこのカッコ良さ!

thedash7thedash8この小さい本体に未来が詰まってるんですよ・・・

 

ストレスフリーな操作性

THE DASHを購入して一番良かったのはスマートであり、ストレスフリーな操作性です。

セットアップ後の使い方を紹介したいと思います。

スマートな起動とペアリング

thedash10起動がめちゃくちゃスマート。どのようにするかというと両耳にTHE DASHを装着するだけ

充電器から取り出し、装着すると「ポーン、ポロロン♪」という音が鳴ると起動とペアリングが完了します。

ただ、耳にはめるだけ。ボタンなどもなく、本当にこれだけ!めっちゃスマート!

 

タップ・ホールド・スワイプで操作

thedash12音量の調節、曲送り等の操作等は、タップ・ホールド・スワイプの3動作が基本です。

thedash16これは右のTHE DASHで音量を上げる操作。イヤホン上で指をスッと前方へ動かし操作します。

 EarTouch gesture 

右耳のTHE DASH
・1回タップ:再生/一時停止
・2回タップ:次の曲へ
・3回タップ:前の曲へ
・前にスワイプ:ボリュームアップ
・後ろにスワイプ:ボリュームダウン

左耳のTHE DASH
・前にスワイプ:外の音を拾うモード オン
・後ろにスワイプ:外の音を拾うモード オフ

日々使用するのはこんなところ。他にもたくさんのジェスチャーがあるんですけどね。

このタップのおかげでスマホに触れることなく音楽を流すことができます。耳に装着して、右のTHE DASHを一度だけポンッとタップするだけなので、めっちゃ楽!

僕は通勤時、満員電車に乗ることもあるのですが、そんな中での操作もずいぶん楽になりました。できれば満員電車、乗りたくないんですけどね・・・

 

外の音を拾うモードが凄い

この機能が本当に凄い!

左のTHE DASHを前方にスワイプすると、外の音が聞こえるようになります。

どういうことかというと、外の音を拾ってイヤホンから流してくれるんですよね。さすがに音楽の音量次第で聴こえにくくなりますが、この機能には感動しました。

音楽を聴きながら歩いたり、ランニングしたりすると危ないことも多いですしね。車の接近とか分からないことありますし・・・

でもTHE DASHなら聴こえる!

電車で音楽を聞いていると急な停車の状況が遮断されてしまうことがあります。座って目をつぶればいつの間にか降車駅を過ぎていたり・・・そんなこともなくなりますね!

 

クールなデザイン

thedash13THE DASHは光ります。とてもクールに。

これは、バッテリー残量を表していて、発する色で大まかなバッテリー残量を判断することができます。

・青:full
・緑:high
・黃:medium
・赤:low

黒光りする本体の中でこの光り方。ディズニー映画のTRONを思い出します。ちなみにこちらです。

thedash14この光は充電器のカバーを装着しても確認できます。

THE DASHはジャイロセンサーが搭載されていて、本体を揺らすと光ります。なので、ケースに収納したままでもバッテリー残量が確認できちゃうんです。最高ですね。

 

めんどうな充電も最小限

thedash11本体のバッテリー性能は、以下のようになります。

・再生時間:最大5時間
・充電時間:最大90分

外出程度であれば、十分な再生時間です。使用しない時は、充電器に接続されているので、バッテリーが回復しますし、「うわっ!充電ないや!」なんてことは避けられます。

さらに、充電器は2,200mAhTHE DASHを最大5回フル充電することができる凄さ!

僕は1日2時間程度の使用ですが、バッテリー自体の充電は1週間に一度で事足ります。面倒な充電からの開放は、使用のハードルを下げてくれますね!

 

使用しきれないほどの機能

thedash15詳しい紹介までは出来ませんが、様々な利用シーンにマッチする機能がTHE DASHにはあります。

本体に4GBのストレージ

スマホと接続して音楽をストリーミングするだけでなく、THE DASH本体に音楽を入れ込むこともできます。

ランニングする時、スマホを持つのが面倒・・・そんな方には最適かと!

 

防水設計

THE DASHは防水設計。深さ1mまでの水の中なら大丈夫!

使ったことはありませんが、THE DASHを装着しながら水泳ができちゃうんです。凄いですよね!

 

パーソナルスポーツアシスタント

THE DASHはアクティビティトラッカー(活動量計)にもなります。センサーが内蔵されていて、身体のバイタルを測定が可能になっています。ランニング、スイミング、サイクリングの選択が可能で、運動時のパフォーマンスをフィードバックしてくれる凄いやつ。

耳のフィット感も抜群ですし、運動にもってこいのイヤホンですね!

 

とにかく万能な完全独立型イヤホン

高機能で価格はそれなりにしますが、誰にでもオススメしたいイヤホンです。

たまに音楽がブツブツ途切れたり、片方のイヤホンからの再生が止まったりすることもありますが、それでも買って正解だったと思います。

音質も良いし、通話もできる、他にも紹介できていない機能はたくさんです。

2017年で購入したものの中でも1位、2位を争う満足度。みなさんも是非、未来を感じてみてください!

 

RECOMMEND