iPhone6/6Plus 端っこまで貼れる「究極の強化ガラスフィルム」をAppBank Store渋谷で貼ってもらってきた!

Pocket

電車で周りを見渡すと、結構な頻度で画面がバッキバキに割れている人を見かけます。

あれはかっこ悪いっすわ。せっかくのRetinaディスプレイも台無しっす。

ケースの兼ね合いもあって、画面の保護をしてない人もいると思いますが、保護して損はないです。これはまじです!

保護フィルムの方も多いと思いますが、オススメは「ガラスフィルム」です!

 

ガラスフィルム2iPhone6 Plusに変える前は、iPhone5を裸で使っていました。

何度か、道路にダイブさせましたが、2年ほど使用して↑の状態です。裸で使用していてもiPhoneの液晶がバッキバキに割れることはありませんでした。欠けているのはガラスフィルムです。ガラスフィルムを貼っていなかったら大変なことになっていたはず。

iPhone裸族必見!硬度9Hの液晶保護ガラスフィルムを一年半使ってみた結果。

iPhone6からサイズが大きくなりました。手から離れていく可能性が高まったわけですw

もちろん今回もガラスフィルムを貼ります。今回はAppBank Store限定の「究極のガラスフィルム」っす!

 

 

AppBank×週刊アスキーの端まで貼れる「究極のガラスフィルム」!

appbank-ガラスフィルム7ガラスフィルムを求めに行ったのは、AppBank Storeの渋谷パルコ店です。

 

appbank-ガラスフィルム14iPhoneを変えてからすぐに行きました。↑まだ最初のシールが貼ったままです。

 

appbank-ガラスフィルム11強化ガラスといってもいろいろと種類があります。

少し形が違っていたり、薄さが違ったり、値段に幅があったりといろいろです。あらかじめ知識がないと選ぶのも大変なので、店員さんに聞くのが一番です!

 

appbank-ガラスフィルム10店員さんに聞いてみたところ、おすすめがこちらだと・・・

 

appbank-ガラスフィルム17店頭でめっちゃ押してた商品なのですが、聞いてみるとアップバンクと週刊アスキーのコラボ商品なんだそうです。かなり人気で「無料貼付サービス対象」の商品だそうです。

特徴としては、

 

・硬度9H

・暑さ0.33mm

端まで貼れる

気泡が入りにくい

ガラスの浮きを色でカバー

・手触りがいい

 

こんなところでしょうか?

特に赤字のところが特徴です。iPhone6は丸みを帯びているので、液晶部分までを保護するガラスフィルムが多く、端っこまで保護出来るものが多くありませんでした。

ですが、この究極のガラスフィルムは端っこまでカバー出来ています。ガラスにラウンドカットが施されていて、端まで攻めこむことが出来ています。

そして、横からみた時にガラスの浮きが生じてしまうのですが、そこをiPhone本体と同じ色(ブラックかホワイト)にすることで一体感を持たせています。ここは他のメーカーでも同じ方法らしいのですが、究極のガラスフィルムはひと味違います。

ガラスを貼り付ける際の接着層が、普通のものだと液晶画面のみについているらしいのですが、それだと横から空気が入りやすくなるそうです。←貼りやすくはなるそうですが・・・

このガラスフィルムは、枠の部分にも接着層を設けていて、横からの空気やほこりなどを防げるそうです。

まさに「究極」っすね!

 

 

無料貼付サービスはありがたい

appbank-ガラスフィルム9会計を済ませてから、iPhoneを店員さんに渡し、貼付けてもらいます。

自分で貼ると失敗する可能性が高いので、ここはプロにやってもらうのが一番です!

貼付けサービスの流れとしては、こんな感じです!

会計→各ボタンの起動確認→電源オフ→店員さんに渡す→店内を見ながら待つ→呼ばれる→全体的に傷、気泡、ホコリなど確認→iPhone起動→終わり

他にも保護フィルムやガラスフィルムを貼っている人がいて、10〜15分ほど店内で待ちました。貼付け時間も考えると早いですね。慣れてらっしゃる!

商品によっては、貼付けにも追加料金のかかるものがあるので、そこは確認が必要です!

追記:貼り付けてから約一年半後に同じ商品で張替えを行いました。自宅でもキレイに張り替えることが出来たのですが、その方法については「自宅でも余裕!iPhoneの保護ガラスフィルムを自分でキレイに張り替える方法! 」をご覧ください!

 

 

究極でもケース選びに注意!!

appbank-ガラスフィルム3ガラスフィルム自体に0.33mmの厚みがあるため、全体としても厚みが少し出ますが、気になるほどではないです。

 

appbank-ガラスフィルム2ホームボタンのところが、しっかり丸く保護出来るものは少ないので嬉しいですね。

一番ガラスの厚みを感じるのが、このホームボタン部分。タッチIDでロックを解除する時、少し穴が開いてる印象を受けますが、慣れてしまえば、逆に愛着がわきますww

他の商品でもっと薄いガラスフィルムもあるのですが、わざと0.33mmにしているそうです。

ガラスフィルムは、正面からの力に対してはめちゃくちゃ強いです!カッター切ろうとしても、工具を使って傷つけようとしても、傷が付かない硬度のものです。

ですが、横からの力に弱いようです。つまり、薄すぎるとちょい危ないので0.33mmの厚さになっています!

 

appbank-ガラスフィルム4角を見てみると、かなり端までカバーされています。全然ガラスフィルムが貼ってあるなんて分かりません。

でもここで一つ注意点があります!

端までカバーしているが故に、サイドに干渉してしまうケースはちょい危険です!ケースが何でも付けられるかは、ちょっと微妙くさいです。

 

appbank-ガラスフィルム5ちなみに僕の使用している「+LUMBER」の木製ケースは問題なくつけることが出来ました!

ケースについては「iPhone6の背面がカッコ悪いので、クソかっこ良い木製ケースでかっこ良くしてみた! 」を参考にしてみてください!

 

appbank-ガラスフィルム1ちなみにですが、購入した時に画面拭きももらえました。



もちろんネットからも購入が出来ます。
このガラスフィルムにしてからなんですが、いつもアップル関係の話題でいつもチェックしているゴリミーでこんな記事がありました!

まだ保護フィルム使ってるの?塗って拭くだけで画面を守る「クリスタルガード・グラスアーマー」が最強すぎてヤバイ | gori.me(ゴリミー)

ガラスフィルムが古くなる時が来るかもですね。今のガラスフィルムで大変満足なのですが、次はこんなのにしたいですね!

 

【 参考 】
・「究極のiPhone 6用ガラスAppBank×週アス×Deff夢のコラボで実現」 – 週アスPLUS
Appbank Store

 

Pocket

Leave a Reply