コーヒーやお酒に合う大人のチョコレートを専門店の「Minimal(ミニマル)」で探してみませんか?

Minimal0

Minimalに出会ってからチョコの楽しみ方が広がりました。”むーろぐ“管理人のひろむ(@mwwx)です!

少し前にコーヒーのイベントへ行ったのですが、そこへ『Minimal(ミニマル)』というチョコレート専門店が出展していまして、実際に買って食べてみたら今まで食べたどのチョコとも違うんですよね!香りとか味とか。

coffee-collection-201710

調べてみると、チョコレートへのこだわりが凄くて凄くて。

Minimalを知ってから、一つ一つの食べ物や飲み物に合うチョコレートを選んでみるのも面白いかなーと思うようになりました。また、プレゼントなんかにもいいなーと思うので是非知って欲しいです。

カカオと砂糖のみで作られた「Bean to Bar チョコレート」

Bean to Bar チョコレートって?

Minimal11

Minimalは「Bean to bar チョコレート」に特化した専門店。

聞き慣れないBean to barというのは、カカオ豆(Bean)の仕入れからチョコレートの板(Bar)にするまでの全行程を管理・製造することを指します。

Bean to Barチョコレートだと、最近は『明治 ザ・チョコレート』が話題になっていましたかね。これ、まだ食べたことない・・・

ちなみに「明治 ザ・チョコレート」はMinimalに似すぎていて、Minimalが監修してるの?共同開発してるんじゃ・・・などの声が上がっていたようですが、一切関係ないようです。詳しくは、こちらを。

Bean to Barチョコレートを日本で取り扱う店舗は増えてきて、新たなトレンドとなってきているようですが、Minimalはその先駆け的な存在。

世界最優秀のチョコレートを決める世界大会で最高賞の金賞を受賞したりと世界が認めるBean to Bar チョコなんですよー!

 

香料使ってないのにフルーツみたい

Minimal4

普段目にすることの多いチョコは、カカオ豆にミルクや香料が加えられていますが、Minimalのチョコで使われているのはカカオと砂糖のみ。これ食べると分かるけどまじで!ってなる。

「Minimal(ミニマル)」という名前にも理由があって、チョコを作るにあたって最小限の材料であるカカオにこだわるとい思いが込められているのだとか!素材の味を最大限に活かすという日本食の考え方にも通じているらしい。。。

カカオ豆って気候や土壌、農法、生産者など、いろんな要素の掛け合わせで作られる農作物のため、同じものは二度と出来ないそうです。なので同じ産地の豆でも作り方を見直しつつ、その時の素材を最大限引き出せるようにするのだそうです。

コーヒーとか、ワインに似てる感じですかねー奥が深い。

Minimal1実際に買ったのがこちら。

Minimal7ここにチョコの詳細が書いてあります。

これはトリニダード・トバゴで生産されたカカオが使われていて、杉の樽のような香りやミント・ハーブの印象があるチョコレート。

Minimal2チョコは、香りが逃げやすく、さらに付きやすいためチャックが付いています。開けた瞬間の香りが凄かった!!

Minimal5Minimal6カカオは71%で豆は粗挽き。

食感はざらついた感じになるのですが、カカオの風味がしっかり分かるんですよね。

これはそんなに甘くないチョコなんですが、試食で食べた甘いやつはカカオだけなのにめっちゃジューシーでした。フルーツみたいでしたホントに。

 

板チョコのデザインがおもしろい

Minimal3もう気付いてるかもしれませんが、頭に浮かんだ板チョコのデザインと全然違いますよね。

このデザインはMinimalオリジナルで、好きなサイズ、好きな用途で楽しめるようになっています。

mold02参考:Minimal

みんなでシェアする時とか話のきっかけにもなってくれそうで良いですよね。

Minimal101ピースは3〜4g。これがチョコの味と香りを一番楽しませてくれるサイズなんだそうです!

細長いピースをかじるのが面白い感覚でした。

 

いろんなシーンでチョコが楽しめる

Minimal9

Minimalでは大きく分けて3つのフレーバーが用意されています。

  • NUTTY(ナッツのような甘いコク、深い味わいが特徴)
  • FRUITY(果実のような爽やかな味わいが特徴)
  • SAVORY(ハーブやスパイスのような個性豊かな味わいが特徴)

この3の中でさらに細かく分かれていく感じですね。

種類がたくさんあるので、いろんなシーンに合わせたチョコレート選びが出来るわけなんですが、これはいいなと!

例えば「贈り物」として、人の好みに合いそうなチョコを選んだり、コーヒー、紅茶、お茶や、ビール、ウイスキー、ワインなどのお酒に合うチョコを探してもいいですよね。

コーヒー好きな人にはNUTTYを、ワイン好きな人にはFRUITYを!という感じで!

Minimal8僕はコーヒーを飲みつつ、ブログを書きながらチョコをいただきました。なっかなか良い時間でしたよ。

個人的には部屋暗めにしてジャズを聞きながらウイスキーと共に楽しみたい感じですw

ちょっとね、値段的にも大人なチョコなんですが、ブランドストーリーとかこだわりを知るとそれも妥当な値段かなと感じます。

ちょっと贅沢したい時に、また贈り物にもMinimalのチョコを是非チェックしてみてください!

渋谷と銀座、白金高輪に店舗があるので近い方は是非!店舗までいけない方はオンラインショップもチェックしてみてくださいねー!