本を開くとライトになる「Lighting Book」!ちょっとした明かりが欲しい時にこんなおしゃれライトは反則です!

Pocket

book01

本の明かりで本を読む!?

そんなことができるライトがあるようです。

しかもめちゃくちゃオシャレ!!

 

 

SOU DESIGNの「Lighting Book」!

book03

SOU DESIGNによるとこのライトは、

 

ちょっとアカリが欲しい時の照明。寝る前や何か作業を終えてライトを消してしまった後に少しアカリが欲しいときがあります。そんな時のための照明です。

参考:SOU DESIGN

 

だそうです。

ほんのちょっと手元や机を照らしたい。そんな時におすすめのライトです。

よくありますよね。寝ようと思って電気を消したけど、やることを思い出して電気を付けなきゃいけない時ってね。

でもこの時ってライトを全部付けちゃうと目が覚めちゃうし、ちょっとの明かりがベストなんですよね。ちょっとだけがね。

 

 

本の開き具合で光を調整!!

book02全部開くとこんな感じになります。

ここまで開くことはないかな〜という感じですが、本の開き具合で照らす明かりの量を変えることができます。

 

本のようになっているので開く量によって照らせる範囲を自由に変えられます。本などと並べても違和感のないようにA5サイズになっています。開けるとON閉めるとOFF

参考:SOU DESIGN

 

本だから、開ければONになるし、閉めるとOFFになる。素晴らしいです。

最近はKindle Paperwhiteを購入したので、暗がりの中での読書は、Kindleで十分なのですが、読書以外のケースで、ちょっとした明かりが欲しい時にこのライトがいいかもしれませんね。

 

 

おわりに

突然オシャレなやつを見つけてしまったので、紹介しました。こういうインテリアも探せばいっぱいありそうですね。いいものがあれば紹介していきたいと思います。

参考:interior-joho.com

 

 

Pocket

Leave a Reply