350ml缶の冷たいが持続する「THERMOS(サーモス)保冷缶ホルダー」がビールをグラスに注がない派の人に超おすすめ!

thermos-can-holder0

生活の質をめちゃくちゃ向上させてくれるものに出会いました。”むーろぐ“管理人のひろむ(@mwwx)です。

何に出会ったかというと、THERMOS(サーモス)の保冷缶ホルダーという350mlの缶を冷えたまま保ってくれるという商品。これ、最高じゃないですか?

商品は、ビール好きのでこい氏(@decoy284)のブログで知りました。こういう記事、ありがてえ。

サーモス(THERMOS) の保冷缶ホルダーは缶ビールをずっと冷たいまま飲めるので最高 – でこにく

購入して実際に使ってみると、今まで知らなかったことを後悔するぐらい素晴らしい商品だったので、当ブログでも紹介したいと思います。

缶ビールがずっと冷えたまま楽しめる

thermos-can-holder1はい。こちらが「THERMOS(サーモス) 保冷缶ホルダー」

サーモスでいうと、真空断熱タンブラーのことは知っている方が多いと思います。

これの缶をそのまま入れるタイプだと思ってもらえれば良いかと。

thermos-can-holder2シリコンのグリップが付いていて、

thermos-can-holder3中は空洞。これだけです。

thermos-can-holder4thermos-can-holder7350ml缶を入れてみるとこんな感じ。スッポリ入りますね。

アサヒスーパードライを入れると、丁度“KARAKUCHI”が見えるんですよね。秀逸。

中は真空断熱構造になっていて、缶そのままよりも冷えた状態が持続します。

実際に使ってみましたが、ホントに冷たい状態が続くんですよね。しかも最後の方まで冷たい!

もちろんずっと同じ温度ではないですが、350mlを飲みきるぐらいまでは冷たいですよ!

自宅でお酒を飲む時は、グラスへ注がずに缶そのままで飲むことが多いのでこれはホント最高!家飲みが多い方には全力でオススメしたいです。

他にもこんなシーンにオススメですね。

  • アウトドア
  • 車内
  • 職場

これからはお祭りとか、花火大会もありますしね。これあったら大活躍ですよ。ちなみにホットもいけます!優秀!

 

コースターいらず

thermos-can-holder5缶ホルダーは真空断熱なので、結露しにくいんですよね。

今まではコースターが必須だったのですが、これが不要になりました。手に水滴がついてしまうこともありません。

thermos-can-holder6結露が激しいと、2枚重ねにしたコースターでも水滴が通過することが多々あったので、これは嬉しいポイントでしたね。

 

シリコングリップが持ちやすい

thermos-can-holder11シリコンは取り外せて丸洗い出来るようになっているのですが、最初は外して使った方がカッコイイんじゃ・・・と思ってたんですね。

thermos-can-holder23こんなふうに。

thermos-can-holder10使ってみるとこのグリップが意外と良いんですよ。缶の持ち方で好みはあると思いますけどね。

レビューを見ると、飲み口に近くてジャマだという声も多くみられましたが、僕はあまり気になりましせんでした。

ちなみにシリコンを外すと、ホルダーと缶の間に隙間が出来てカタカタ音がなってしまうのでそこはお好みで。

 

これから毎日使います

thermos-can-holder8めちゃくちゃ良い買い物をしました。

ビール飲みながらブログ買いたり、動画の編集をするこの生活、最高ですね。

2,000円しないので、コスパもいいです。

国内販売の商品はカラーがポップですが、もっとお手頃な価格で手に入ります。

僕が購入したのがこちら。シンプルなカラーが良いという方には、国内販売よりも高くなりますが、オススメですよ。

RECOMMEND