【就活】学生時代何もしてこなかった人でも大丈夫!必ず印象に残る自己PR!

Pocket

就職活動

どうも。就職してから一年が経とうとしているHiromu(@mwwx)です。

 

二月も後半に入り、大学3年生は就職活動真只中となりました。
就職活動をしていると、エントリーシートや履歴書に必ずといっていいほど「自己PR」を記入します。

僕も2年ほど前は就職活動をしていました。「自己PR」や「学生時代頑張ったこと」という項目には苦労させられたものです。
自己PRや学生時代頑張ったことは、大半の学生がアルバイトやゼミでの活動、部活などと関連づけて話をします。

それでは何もやってこなかったという人は何を話せばよいのでしょうか?
普通であれば、今までの学生生活を振り返り、頑張ったこと等から自分の特徴を見つけ出します。その後、志望している企業の求める人物像に合わせ、ちょいちょい話すことを変えていくと思います。

そんなもの何もないという方にも参考にしてもらえる自己PRを紹介したいと思います。

 

⊿企業側が求める人材は「やる気」のあるヤツ

企業の説明会へ行くと、耳が痛くなるほど「成長」という言葉を耳にします。つまり、企業側は成長し続けてくれる人材でなければ嫌なわけです。これは、どの企業でも言えることだと思います。そして、企業側が学生達に求めるものは様々ですが、その大半は「やる気」だと思います。

あれもできるし、これもできるスーパーすごい学生でもやる気がなければ、会社に入った後、いい仕事ができるとは考えにくいです。あれもこれもできる人であれば中途でもいいはずですしね。

今、学生に求められることは多くなってきたと言われています。白紙の状態で、会社に入ってからスキルなり、色をつけていくような時代とは少し違うようです。すでに学生時代にあれこれ活動をしていて、少しスキルを持っているというような人材が求められることも多くなってきているのではないでしょうか?

ですが、まだ色のついていない白紙の学生を求める企業の方が多いと思います。スキルなんて求めてたら採用まで行かなそうですしね。

では、白紙の、何のスキルもない学生に何を求めるのか?それは「やる気」です。
僕が就職活動をしていた頃、「学生に求めることは何ですか?」と質問をした学生がいたのですが、返ってきた言葉は「やる気です」という言葉でした。学生時期に身につけられるスキルなんて本格的にやってる人以外はたかが知れているということでした。これは一例ですが、やる気があって困る企業なんて皆無のはずです。

つまり、学生時代何も頑張ってこなかった人の自己PRでは「やる気」を見せつければいいのです。ただその見せ方に工夫が必要です。

 

⊿大切なのは、インパクトと具体的目標

他の学生が、
「私は〜が得意です。〜のアルバイトで〜という事態に対し、〜を行って問題を解決しました。この経験を活かし御社に〜という点で貢献していきたい。」
とみんなが言いそうなことを話してる時に、何の特徴もないあなたは、やる気を全面に押し出した自己PRをしていきましょー。

例えば・・・
「私は、最速の成長を目指します。最速の〜、最速の 〜、最速の〜。これを実現する為に、私は〜のプラン(具体的な目標)を考えております。〜〜」

みたいな感じで具体的なプランも話しましょー。最速の〜というところは、職種であったあり、会社ごとに変えてみたり。最速で最高の営業実績、最速のリーダーとかね。

具体的な目標を作成するためにも説明会へ行った時には、意味のない質問をするのではなく、自己PRを作成するにあたって必要な要素を聞きましょー。この例でいったら、キャリアプランとかね。

僕は実際に、この自己PRで就職活動をしていました。これを書いて話すようにしてからは、エントリーシートで落とされることもなかったと思います。面接で話しをしてる時も、「君おもしろいね〜」ってなりましたし。
これは一つの例として考えてもらえればと思います。他にもやる気の見せ方はいくらでもあると思いますので。

インパクトは非常に大切です。当たり障りのないことを言っても面接官の頭の中には残りません。そして、インパクトに負けないような説明も必要になります。
僕の友人は、自己PRの際に長所を「抜群の思いやり」と話していたそうです。それを聞いた時、笑ってしまいそうになりました。ですが、相手の反応も彼の計算のうちですし、それを裏付ける経験やストーリーがあると頭にしっかりと残るものです。

 

⊿終わりに

何もやってこなかった人は、何もやってこなかったなりの戦い方があります。僕の場合は、「成長」という言葉を使いまくりました。笑
「成長」という言葉を使うにしてもインパクトが大切です。なので僕は「最速」という言葉を付け加えました。

就職活動では面接官の印象に残ることが重要になってきます。ブログで記事のタイトルを考えるのに似ているような気がしますね。

これからは、就職活動を行う際に少しでも参考になることがあれば、ブログで発信していきたいと思います。
就職活動をしているみなさん頑張ってくださいね。

Pocket

Leave a Reply